※当サイトのコンテンツには、プロモーションを含む場合があります。

MUSIC TOPIC

AI生成ボーカルによるトラブルと音楽界への影響について

AI生成ボーカル

AI生成ボーカルによるトラブルと音楽界への影響について

近年、AI技術を活用した生成ボーカルが音楽制作において注目を集めています。人工知能が生成した歌声を楽曲に取り入れることで、従来の手法では得られなかった多様な表現方法が可能となり、音楽制作の自動化も実現されると期待されています。

しかし、AI生成ボーカルの普及に伴い、様々なトラブルも生じています。例えば、誰が歌唱したか不明確な楽曲が出回ることで、著作権の問題が生じたり、AI技術によって生成された歌声が、本物の歌手の存在意義を脅かすことも懸念されています。

こうした問題に対して、音楽業界やクリエイターはどのような対応を取るべきなのでしょうか。今回はAI生成ボーカルによって引き起こされるトラブルと、今後の音楽界への影響について考察していきます。

AI生成ボーカルがもたらす音楽界への影響

AI生成ボーカル

AI生成ボーカルは、今後さらに音楽界に大きな影響を及ぼす可能性が非常に高いです。以下に、その影響のいくつかを紹介します。

  1. 音楽制作の自動化
    AIボーカルは、音楽制作の自動化に役立つことができます。例えば、作曲家が作曲した楽曲にAIボーカルを追加することで、楽曲制作の時間とコストを大幅に削減することができます。
  2. 音楽表現の多様化
    AIボーカルは、様々な音楽表現を可能にすることができます。例えば、歌唱力に自信がないアーティストが、AIボーカルを使うことで、高品質な歌声を実現することができます。また、AIボーカルは、伝統的な音楽ジャンルに新しい要素を加えることができます。
  3. ライブ演奏の可能性
    AIボーカルは、ライブ演奏の可能性を拡大することができます。例えば、AIボーカルを使って、歌手のパフォーマンスをサポートすることができます。また、複数の声を生成して合成することもできます。
  4. 著作権の問題
    AIボーカルは、著作権の問題を引き起こす可能性があります。例えば、AIボーカルによって生成された歌声は、誰が所有するかが不明確になる場合があります。これにより、権利関係のトラブルが発生する可能性があります。


AI生成ボーカルによる著作権の問題

AI音楽

先日、海外のトップアーティスト「Drake」と「The Weeknd」によって作成されたようなAI生成トラック「Heart On My Sleeve」が、ストリーミングサービスから削除されました。

このトラックは主にTikTok上で広く拡散され、Ghostwriter777という名のユーザーによって作成されたとされています。その後Spotify、Apple Music、YouTube等主要なストリーミングサービスに登場し、多くのリスナーたちは目新しさに興味を示し、その功績が認められていました。

曲が削除された正確な理由は不明ですが、DrakeとThe Weekndの所属するユニバーサルミュージックグループは、AI生成を利用してそのような音楽を作成することを非難する声明を発表しています。

「私たちのアーティストの音楽を使用したジェネレーティブAIのトレーニング (これは、契約違反と著作権法の違反の両方を意味します) と、DSPでジェネレーティブAI を使用して作成された侵害コンテンツの入手可能性は、どちらの側に問題があるかという問題を引き起こします。音楽エコシステムのすべての利害関係者は、アーティスト、ファン、人間の創造的表現の側、またはディープフェイク、詐欺、アーティストへの正当な補償の拒否の側にいたいと考えています」「私たちは、プラットフォームパートナーがこれらの問題に関与していることに勇気づけられています。彼らは、ソリューションの一部である必要があることを認識しているためです。」

Universal Music Group

一部の専門家は「これはほんの始まりに過ぎない」という認識を持っており、ほんの数年のうちに、すべてのクリエイターや、ミュージシャンが複数のトレーニング済みボイスモデルを持つようになるという仮説も立てられています。

使用を許可するアーティストも

AIボーカル

一方で、AI生成された歌声の使用を許可する動きも見られます。

カナダ出身のソロミュージシャンGrimesは、「ペナルティなしで自由に私の声を使ってください」というスタンスをとっており、さらに「私の声を使ってAI生成された曲が成功した場合、ロイヤリティの50%を分割します。」と提案しています。

ユニバーサルミュージックグループのスタンスとはまったく対照的な動きを見せており、大手のレコード会社は、楽曲の権利が侵害されていると感じた場合、必ず法的手段に訴えることになります。

しかし、一部の個人アーティスト、特にレーベルと契約を結んでいない独立型タイプのアーティストとっては、GrimesのようにAIの可能性を新たな収益源として取り入れようとする動きも見られます。

Grimesの提案が多くのクリエイターに受け入れるかどうかはまだ未知数ですが、避けられないAI革命に抗うことなく、そこに多くのチャンスを見出しているのかもしれません。※余談ですが、Grimesは2020年にイーロン・マスクとの間に第1子となる男児を出産したことでも注目を集めています。


AI生成ボーカルが歌手の仕事を奪う?

マイク

将来的にAI生成ボーカルが本物の歌手に取って代わる可能性はありますが、これはまだ仮説の段階にあるとされています。

現在のAI生成ボーカルは、音楽制作における一部の作業を効率化するために使われることが多く、あくまでツールの一つとして位置づけられています。本物の歌手の表現力や感情を完全に代替できるような技術的な進歩は、まだまだ先の話と言えます。

しかし、AI生成ボーカルが普及し、技術が向上すれば、今後は音楽制作や音楽産業において大きな影響を与える可能性は非常に高く、AI生成ボーカルによって、自動化や効率化が進められ、制作コストの削減や音楽産業の拡大が見込まれます。

さらに、AI生成ボーカルの利用によって、新たな市場やビジネスモデルが生まれる可能性があります。例えば、日本で「ボーカロイド」と呼ばれるジャンルが確立したように、世界でもAI生成ボーカルが活躍する音楽ジャンルや、AI生成ボーカルと本物の歌手がコラボレーションした楽曲が登場することも考えられます。


AI生成ボーカルの今後の課題

AI課題

AI生成ボーカルに関する規制には、著作権やプライバシー保護などの問題が含まれます。AI生成ボーカルを用いた楽曲は、著作権の保護対象となりますが、誰がその権利を持つのかが不明確になることがあります。

また、AI生成ボーカルを用いた楽曲について、使用された音源やサンプルの著作権、利用許諾、報酬の支払い等を、どのように解決するのかが大きな課題となると予想されます。

さらに、AI生成ボーカルを用いた楽曲が実際に誰によって作られたかを特定することが難しいため、プライバシー保護の問題も浮上しています。AI生成ボーカルを用いた楽曲においては、歌唱者や声優の声が利用される場合がありますが、その人物のプライバシーを侵害することもあるため、注意が必要です。

このような課題を解決するためには、AI生成ボーカルに関する法的枠組みの整備や、著作権管理や利用許諾の仕組みの改善が必要です。また、AI生成ボーカルを用いた楽曲を制作する際には、著作権やプライバシー保護などの法的規制を十分に考慮し、適切な手続きを行う必要があります。


まとめ

以上のように、AIボーカルは、音楽界に様々な影響を与えることが予想されます。

個人的にも、AI生成ボーカルは、今後の音楽表現の多様化や創造性の向上に大きな影響を与える可能性があると感じています。従来の音楽制作では、人間が歌声を録音して、それを編集して楽曲を制作することが一般的でしたが、AI生成ボーカルを用いることで、より多彩な音楽表現が可能となります。

例えば、AI生成ボーカルを用いることで、普段は歌えない高音や低音を自由自在に表現することができます。また、AI生成ボーカルには、様々な歌唱スタイルや声色を持つ声がプログラムされているため、音楽制作者は自分が表現したいイメージに合わせて、自由に声のタイプを選ぶことができます。

とはいえ、AIボーカルにおいての著作権問題や法的問題について等、まだまだ解決しなければいけない課題は多くあるので、今後も世界の音楽界の動きに注目する必要があります。

以上、「AI生成ボーカルによるトラブルと音楽界への影響について」でした。


AIボーカルを使った楽曲が1億回再生を突破!最新の音声合成技術「Lingyin Engine」

【AIで作曲】自動音楽生成サービスおすすめ14選

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ12選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bo ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-MUSIC TOPIC
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2024 All Rights Reserved.