ギター関連 音楽トピック

ギター練習のモチベーションアップ!トップギタリストの名言集

guitaristの画像


ギター練習のモチベーションアップ!トップギタリストの名言集


世界の第一線で活躍し続けてきたトップギタリストの名言を集めました。


ポール・ギルバートやラリー・カールトンのような伝説的ギタリストがギターについて語る言葉は、多くのギタリストにとってインスピレーションとなり、ギタリストとしての目指すべき目標が明確になります。

ギターの効率的な練習方法から、ギタリストとしての心構えなど、毎日練習に励んでいるギタリストにとって刺さるようなものばかりです。


毎日の練習が辛くなった時や、なんだか気分が乗らないというときに読み返えせば、練習のモチベーションアップに繋がること間違いなしです。


Paul Gilbert

Paul Gilbertの画像


年を取るとギターの練習が嫌いになり、ギターを弾くことが好きになります。

スケール練習は最も退屈であり、非音楽的なことに思えるので、あまりしません。
しかし、いつもギターで音楽を演奏しているので、演奏技術は高いレベルをキープしています。



トップギタリストの中でもハイレベルな演奏技術を持つPaul Gilbertの言葉。

スケール練習のような地道なギター練習を積み重ねて、極みの領域に達した先で、純粋に音楽を楽しんで弾くことの素晴らしさを伝えてくれています。


Mitch Dalton

Mitch Daltonの画像


ギターを演奏するということと、ギターを練習するということを混同している場合、多くの貴重な時間を浪費します。その習慣を繰り返すことで、あなたの良くないプレイがギター演奏に混ざります。間違いを練習することでそれらを完璧な演奏にします。

20〜30分の集中的な努力が最も生産的な練習時間であることがわかりました。10分間休憩してから、再び練習に戻ります。理想的には、改善が必要な別の演奏へ戻ります。


ながら練習(テレビ等を観ながら)のように、なんとなく長時間していても、あまり身にならないということですね。

練習するときはしっかりと苦手な部分に集中して、短期的に取り組み、少し休憩を挟んで再び練習。の流れがもっとも効率が良いとMitch Dultonは語っています。


Larry Carlton

Larry Carltonの画像


あなたが練習しなければいけないことを練習してください、そしてプレイする時は、あなたが愛し、感じるままに演奏してください。それはあなたが正直にプレイするからです。

それはあなたが音楽を演奏していることを正直に表しています。私はそれがリスナーにそれが好きかどうかを決める機会を与えると思います。


Larry Carltonも練習と演奏することは分けるべきだということを語っています。

実際にプレイする時には感じるままに、あなたらしい演奏を心掛けることが大切だということです。


Allen Hinds

Allen Hindsの画像


少しの音楽理論を知ることで、長い道のりを歩むことができます。それは間違いなく、私が良い感覚だけを持っていた人とは一線を画すのに役立ちました。

もし理論と技術と良い感覚のどちらかを選ばなければならないなら、私は毎回感覚と魂を選びます。しかし、感覚と魂に間違いのない少しの理論を混ぜると、特別な何かがあります。 


Allen Hindsは音楽理論を学ぶことの重要性を語っています。

感覚やセンスで弾いているギタリストを否定することなく、そこに音楽理論を絡めることでワンランク上のギタリストに昇華できると教えてくれています。


Adam Goldsmith

Adam Goldsmithの画像


多くのギタープレーヤーは、何らかの理由で、ビートよりも少し走り気味に演奏する傾向があります。他の楽器隊、特にベースとドラムにとってこれは良くないことです。

作曲ソフト(DAW)を使用してメトロノームを鳴らしながら自分の演奏を録音して、ビートのどこで演奏しているかを実際に聴いてみてください。美味しくてシンプルなものをリズム通りに演奏することで、素晴らしい演奏となります。


アンサンブルにおいてのギターのリズムのぶれ、特に前のめりに突っ込んでしまうことはリズム楽器にとっても悪い影響を及ぼすと言っています。

リズム練習として、メトロノームを鳴らしながら自分の演奏を録音し、聞き直すことで自分の演奏の癖を知ることができます。


Carl Verheyen

Carl Verheyenの画像


プロのギタリストが生計を立てているリズムギター。ソロをプレイできるのは実際には5%の時間だけです。リズムギターをおろそかにしないでください。

ドラムマシンで演奏するときにジャストのタイミングから、R&Bドラマーで演奏するときののんびりとしたタイミング、パンクミュージックやスピードメタルを演奏するときのタイム感覚まで、グルーヴを調整する能力が必要です。


Carl Verheyenもリズムギターの重要性について語っています。

ギターソロやリードに力を入れて練習しがちですが、ギターフレーズの95%はコードバッキングだということです。

まずはしっかりとジャンルに合わせたリズム感を養うことが重要だと教えてくれています。


以上、トップギタリストの名言集でした。


ギター初心者から1ヶ月で抜け出す為にやるべきこと

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのこと

人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-ギター関連, 音楽トピック
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.