DTM関連

ボーカルミックスに最適なプラグインソフト 5選


ボーカルミックスに最適なプラグインソフト 5選


ボーカルのミックスは全体のミキシング工程の中でも一番重要な部分です。

一番リスナーの注目が集まるパートでもあるので、たっぷりと時間をかける価値があり、多くのエンジニアは慎重になります。


どんなボーカルトラックに対しても、ベストなボーカルミックスを行うためには、いくつかの音質やダイナミックコントロールができるプラグインソフトが必要となります。

今回紹介する以外にも、ボーカルミックスに適したプラグインソフトは多くありますが、定番の製品や、名機と呼ばれる長年エンジニアに愛されている製品を5つに絞ってご紹介します。


Waves Vocal Rider

Waves Vocal Riderの画像


ボーカルトラックは非常にダイナミックレンジ(最大音量と最小音量の差)が大きいトラックの一つです。


ささやき声も、サビの張り上げる声もなるべく同じ音量感にするのがベストなのですが、いきなりコンプレッサーを使って圧縮をかけてしまうと、多くのトランジェントを失ってしまいます。

そこで通常はボリュームオートメーションを書いて音量差を調整していく、いわゆる手動コンプと呼ばれる作業を行わないといけないのですが、このVocal Riderを使えばそれらの作業をすべて自動で行ってくれます。

圧縮ではないので、トーンは変わらず、レイテンシーもゼロです。


ボーカルのボリュームを書くという、うんざりするような作業量をパスできるので、ミックス作業を効率的に進めることが可能になります。



Waves Renaissance DeEsser

Waves Renaissance DeEsserの画像


ディエッサーはボーカルトラックのシビランスと呼ばれる歯擦音(さしすせそに多く含まれるノイズ)を感知して不要な高周域を自動でカットしてくれる便利なエフェクトです。

原理としてはダイナミックEQと同じで、C4やRenaissance Vox、Waves DeEsserで使用された技術(位相補正クロスオーバーとダイナミック検知機能)が用いられており、飛び出した周波数帯域にピンポイントで反応します。


ボーカルトラックのみならず、ギターやシンセサイザーの耳障りな高音を除去するのにも役立ちます。




UAD 1176

UAD 1176の画像


UAD 1176コンプレッサーは1967年の発売以来、数々のヒット曲のボーカルトラックに使用されており、現在でもレコーディングスタジオの定番として人気があります。

1176コンプの特徴として、高速なアタック設定が可能であることと、1176らしい独特な質感を得られることです。


荒々しいロックボーカルのような歌声に最適な設定として、AttackとReleaseを最速にする設定があります。

これによってオーディオソースに圧縮歪みを付加していくことができ、とくに「オールボタン」モードと組み合わせるとその効果は顕著なものとなります。

アタックとリリースが急速に押し寄せることで、微細なレベル変動がまるで歪みのように聴こえるのです。
荒々しいコンプレッションを得るにはうってつけの手法です。



UAD Pultec

UAD Pultecの画像


1176と同じくUniversal Audioの名器として長年プロスタジオで使用されているEQです。

極上のサウンドをもたらすことで有名ヴィンテージのイコライザー。
真空管を使った3バンドイコライザーはDAWにデフォルトで装備されたEQとは違い、アナログの持つ温かさを味わうことができます。

リードボーカルに使うことで倍音が付加され、タイトな低音と、ミッドからハイにかけて抜けていくサウンドに仕上げてくれます。


ボーカル以外にもオールマイティに使えるので、デジタルのパラメトリックEQにもの足りなさを感じている方は一度試してみてはいかがでしょうか。



Waves SSL E-Channel

Waves SSL E-Channel


伝説のエンジニア、ジョージ・マーティンを迎え1983年に開発されたSSL 4000Eコンソールに搭載されたチャンネルストリップを再現したプラグインです。

ボーカルやピアノなど各楽器に使用されることを想定したプリセットが収録されており、数々のヒット作品に使用された、ビンテージモデリング系の「〇〇っぽいサウンド」を再現できます。


80~90年代のようなエッジ感と、自然で馴染みの良い高級感を持たせることができるので、ロック&ポップス黄金期の名曲に使われたボーカルトーンを再現したいのなら最適です。



まとめ


ボーカルミックスに最適なプラグインソフトを5つご紹介しました。

  • Waves Vocal Rider
  • Waves Renaissance DeEsser
  • UAD 1176
  • UAD Pultec
  • Waves SSL E-Channel


ボーカルオートメーション、ディエッサー、EQ、コンプレッサーとすべてボーカルミックスにおいて重要なエフェクトです。

Waves Vocal Rider以外は他のプラグインでも応用が利きますが、ボーカルオートメーションを手動でやるか自動でやるかは作業時間にかなりの差が生まれるので、ボーカルミックスするなら持っておきたいプラグインの一つです。

以上、ボーカルミックスに最適なプラグインソフト 5選でした。


ボーカルミックスをより良くする為の7つのテクニック

【HipHop】ビートメイクに役立つプラグインエフェクト 5選

人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-DTM関連
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.