DTM関連

トラップミュージックのおすすめアーティスト 7選【Trapbeat】

トラップミュージックの画像


トラップミュージックのおすすめアーティスト 7選【Trapbeat】


トラップミュージックは1990年代後半にアメリカの南部で生まれたHiphopから派生したサブジャンルです。

最近ではオフボーカルのトラップビートと呼ばれるインスト音源も人気があり、Typebeatと並んでYouTube上で人気があります。


今回はトラップミュージックを聴くなら要チェックなおすすめアーティストを7組ご紹介します。


Cardi B - Press


アメリカのヒップホップアーティスト、女優、テレビタレントとしても有名。

第61回グラミー賞において最優秀ラップアルバム賞を受賞、女性ラッパーとしては初となる快挙。

アトランティックレコードとメジャー契約後にリリースしたメジャーデビューシングル「Bodak Yellow」がBillboard Hot 100で首位を獲得し、続いて2018年にリリースした1stアルバム「Invation of Privacy」もBillboard 200で首位を獲得する。


今最も勢いのある女性トラップアーティストとして注目を集めている。



XXXTENTATION - MOONLIGHT


アメリカのラッパーであり、ヒップホップ、トラップ、エモラップの代表的なアーティストとして人気の絶頂にありましたが、2018年6月18日にフロリダ州のディアフィールドビーチで銃撃され死亡。

2018年6月19日には、楽曲「SAD!」のSpotifyでの再生回数が24時間に約1,040万回を記録し、Ed Sheeran「Shape Of You」の記録を更新するほどの注目を集めた。


2017年8月リリースの1stアルバム『17』はビルボードアルバムチャート2位、2018年3月リリースの2ndアルバム『?』は初登場1位を記録。



Future - Life Is Good


アメリカ合衆国のラッパーで、アトランタを中心に活動するヒップホップグループ The Dungeon Familyのメンバーとして活動をスタートさせる。

6枚のアルバム及びミックステープが全米1位を獲得するなどアメリカのヒップホップ、トラップシーンを代表する存在として君臨しており、ドレイクとタッグを組んだ楽曲「Life Is Good」はリリースから5か月経過した現在、YouTube上で6億回を超える再生回数を記録している。


リリースする楽曲のほとんどが全米No.1を記録するという、ヒップホップ、トラップを聴くなら必ずチェックしておきたいアーティストの一人。



Lil Uzi Vert - XO Tour LIif3


2015年にミックステープ「Luv Is Rage」をきっかけに広く認知され、その後アトランティック・レコード傘下のGeneration Nowと契約を交わす。

グラミー賞を獲得する実績を持ち、2016年にリリースしたデビューシングル「Money Longer」はBillboard Hot 100で54位を記録し、ダブルプラチナディスクに認定。

続いて発表したミックステープ『Lil Uzi Vert vs. the World』はBillboard 200で37位を記録。シングル「You Was Right」はHOT 100で40位を記録する。


先日、2020年3月に3年ぶりにリリースしたアルバム「Eternal Atake」は全米初登場1位を獲得する。



Migos - Bad and Boujee ft Lil Uzi Vert


Migosはアメリカ合衆国のQuavo、Offset、Takeoffの3人から成るヒップホップトリオ。

2017年に発表された彼らの2枚目のアルバム「Culture」は、Billboard 200で初登場首位を獲得した。2017年2月にMotown RecordsとCapitol Recordsと契約を結び、2018年に3枚目のアルバム「Culture Ⅱ」を発表し、Billboard 200で首位を獲得。


Zaytoven、DJ Durel、Murda Beatz、Metro Boominなどの大物プロデューサーとも頻繁に制作をしている。



Playboi Carty - Magnolia


アトランタ出身であり、アンダーグラウンドレーベル、Awful Recordsと契約していましたが、現在はA$AP Rockyが結成したラップチームである「ASAP Mob」のAWGE Label and Interscope Recordsと契約しています。

2017年4月に彼の名を冠したデビューミックステープをリリースしまし、Billboard 200で12位を記録し、その後も大物ラッパーとのコラボを重ねて、人気に一気に火が付く。


ニューヨークのファッション雑誌にも取り上げられるほど、若者のファッションリーダー的存在でもあり、彼のファッションにも注目が集まります。
Nike、Inc.のCMやOff-WhiteのVirgil Ablohと共にランウェイを歩くといった実績もあります。



Denzel Curry - RICKY


Denzel Curryはアメリカ合衆国のラッパー、歌手、ソングライターです。


2011年にミックステープ「King Remembered Underground Tape 1991-1995.」を同郷のラッパー、スペースゴーストパープのウェブ掲示板に投稿したところ、大反響を呼びその後スペースゴーストパープのグループ、レイダー・クランに加入する事となる。

その後レイダー・クランを脱退し、まだ高校生だったカリーはデビューアルバム「Nostalgic 64」をリリース。
その後2015年に「32 Zel/Planet Shrooms」、2016年に「Imperial」、2018年にリリースした「Ta13oo」はBillboard 200で28位を獲得した。

小学6年生の頃からラップを始めており、周りにいた子供達といつもラップバトルをしていた。



以上、トラップミュージックのおすすめアーティスト 7選【Trapbeat】でした。


Hiphopアーティストおすすめ10選【2020年最新】

Hiphopビートの作り方【Beat Making】

人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-DTM関連
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.