ギター関連

ヨルシカ - 夕凪、某、花惑い ギターの音作り

2019年12月25日

こちらの動画のサウンドをもとに解説しています。


ヨルシカ - 夕凪、某、花惑い ギターの音作りについて




まず使用機材はこちらです。


・ギター
Gibson Lespaul Standard

・ピックアップ
SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) >SH-4 JB

・エフェクター
Line 6 > Helix LT (アンプシミュレーター)



を使用しています。

Helix内で音作りしているのでそちらを詳しく紹介していきます。

Helix LT

Helix LT



アンプシミュレーターの設定

Helix パラメーター


チューニングは全弦半音下げでプレイしています。


テレキャスターをお持ちの方はいいのですが、そうじゃない方はテレキャスター独特の「乾いた音」を意識して音作りをします。


まずアンプモデルなのですが

・アンプヘッド
Divided Duo > ÷13 JRT 9/15

・キャビネット
1×12 Celest 12H > 1×12 ÷13 JRT 9/15 G12 H30



こちらを使用しております。

プリアンプ設定

プリアンプパラメーター


Drive 1 > 8.5

・Drive 2 > 8.5

・Tone > 7.0

・Cut > 0.0

・Presence > 10.0


Divided 13 JRTのアンプモデルを使用しています。

イントロのギターカッティングフレーズ以外はフロントピックアップでプレイしています。

レスポールゆえにフロントピックアップを使っているのにフロント特有の甘さを消すという矛盾があるセッティングですが、テレキャスの乾き感とエッジ感を出すためにトーンとプレゼンスを高めに設定しています。


Aメロのクリーンのアルペジオパートは歪み系をすべてOFFにして弾いています。

キャビネット設定

キャビネットパラメーター


・マイク
421 Dynamic > Sennheiser MD421-U

・Distance > 1.0
マイクの距離です。



各種エフェクター

各種エフェクター紹介


今回使用したエフェクト類を順に紹介します。

・EQ (イコライザー)
・Compressor (コンプレッサー)
・Booster
(ブースター)
Wah (ワウ)
・Delay (ディレイ)
・Reverb (リバーブ)
・Pitch Shifter
(ピッチシフター)


・イコライザー

イコライザーパラメーター


Parametric > Line 6 Original

Low Freq > 200Hz
Low Q > 1.0
Low Gain > -2.0 dB


Mid Freq > 2.0 kHz
Mid Q > 2.0
Mid Gain >+2.0 dB


High Freq > 5.0 kHz
High Q > 1.5
High Gain > +2.5 dB
Low Cut
> 120 Hz


低音を少しだけカットしてハイミッドをブーストしています。



・コンプレッサー

コンプレッサーパラメーター


Kinky Comp > Xotic SP Compressor

・Sensitivity > 2.0

・Mix > 50 %

・Attack > 2.0

・Release > 10

・Level > 5


深めにかけています。
Sensitivityは感度なので一般的なコンプのスレッショルドと思ってもらえれば。

リリースがMAXになってますけど、これは完全に設定忘れなので実際は短めに設定したほうがいいです・・・




・ブースター

ブースターパラメーター


Kinky Boost > Xotic EP Booster

・Deive > 2.0

・Boost > On


・Bright > On


プリアンプのみではあまり歪まないので、ブースター側でも若干ドライブさせてます。

EP ブースターでモチっとしたFuzzっぽい歪み感が加わるのでオススメです。



・ワウ

ワウパラメーター


Teardrop 310 > Dunlop Cry baby Fasel model 310

・Position > 71%

・Mix > 20%


ピークブースト目的で うっすらかけっぱなしにしています。

リード弾く際の隠し味的な意味合いで使っています。




・ディレイ

ディレイパラメーター


Simple Delay > Line 6 Original

・Note Sync > 1/8

・Feedback > 30%


・Mix > 25%


リードパートで使用しています。

8分音符が4回返ってくるぐらいのフィードバックで設定しています。





・リバーブ

リバーブパラメーター


Room Reverb > Line 6 Original

・Decay > 3.0

・Predelay > 20ms

・Low Cut > 150Hz

・High Cut > 8.0kHz

・Mix > 35%



耳では分からないぐらいうっすらかけてます。


・ピッチシフター

ピッチシフターパラメーター


ピッチシフターを使って全弦半音下げにしています。



以上、「ヨルシカ - 夕凪、某、花惑い」 ギターの音作りでした。




SiM – KiLiNG ME ギターの音作り

ELLEGARDEN – Supernova ギターの音作り


人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-ギター関連
-, , ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.