DTM関連 ギター関連 音楽トピック

ダイアトニックコードとは?【作曲に役立つ音楽理論】

2019年12月26日

ダイアトニックコード


ダイアトニックコードとは?【作曲に役立つ音楽理論】


今回は作曲する上では欠かせない、ダイアトニックコードについてお話します。

ダイアトニックコードとは、キー内のダイアトニックスケールの音から成り立つ7通りのコードのことです。

スケールとは?


まず、スケールについて軽くお話しします。

みなさんが学校で習った「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」この7種類(初めと最後のドは同じ音とします)の音達を1グループとして「Cメジャースケール」と言います。


※日本だと音の呼び方が「ド・レ・ミ」ですが他の国では「C・D・E」と英語表記で呼ぶのが一般的です。


この基本的な7つの音のグループがダイアトニックスケールです。

そしてこのダイアトニックスケールの中からそれぞれの音を起点に、3度づつ音を重ねた7通りの和音のことを「ダイアトニックコード」と呼びます。




トライアドコード


例えば、Cを起点に3つの音を重ねる3和音を「C・E・G」でCメジャーコード

Dを起点にすると「D・F・A」でDマイナーコードとなります。


※度数の概念やメジャー、マイナーの基本的なコードについて学びたい方はこちらの記事を合わせてご覧ください。

ギターコードの基礎知識

ギターコードの基礎知識 (マイナーコード編)



これ繰り返すとC〜Bまでの7通りのコードができます。


C・Dm・Em・F・G・Am・Bm-5


この7つのコード群に使われている音は、すべてCメジャースケールの音から成り立っています


なので曲のキーさえ分かっていれば、ダイアトニックスケール内の音を使ってメロディーを付けたりギターソロを弾けば、まず音を外すことはないということになります。


これが基本的なダイアトニックの考え方です。
現代のポップスやロックのコードを作る上で基盤となる概念なので必ず覚えましょう。

主要三和音


先ほどのCメジャーのダイアトニックコード


C・Dm・Em・F・G・Am・Bm-5


この中の「C・F・G」の3つがメジャーコードでそれ以外はマイナーコードですよね。


この3つのメジャーコードがCメジャーのダイアトニックコードにおいて、最も重要なコードなので「主要三和音」と呼ばれています。


「コード進行」というものは基本的にはこの3つのコード関係(ケーデンス)から成り立っており、これに代理コードをやツーファイブといった色々なアレンジを加えて、コード進行というものは作られています。



以上、作曲に役立つ音楽理論(ダイアトニックコード編)でした。

次回はこの3コードのケーデンスについて詳しく解説していきます。


作曲に役立つ音楽理論(ケーデンス編)

人気記事

1

人気おすすめVSTプラグインソフト5選【DTM初心者】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の大手プラグインサイト「Plugin Bou ...

2

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

3

はじめてのギターエフェクター【最初に買うべきはコレ!】 ↑今回の内容の音声配信です。エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音 ...

4

【Trap】トラップビートの作り方!簡単な5つのステップ【HipHop】 これからビートメイクを始める方に向けて、簡単なトラップビート制作の流れをご紹介します。数ある音楽ジャンルの中でも、非常にシンプ ...

5

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

-DTM関連, ギター関連, 音楽トピック
-, , ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.