GUITAR

CAGEDシステムとは?初心者のギター学習効率を大幅にUPさせる仕組み

CAGEDシステムとは?

CAGEDシステムとは、ギターのコードスケールを学ぶための最良の方ほうとして世界中で利用されているシステムです。

名前の由来は、5つのコード形式(C、A、G、E、D)のアルファベットからきており、CAGEDシステムを使えば、ギターにおいて様々なコード形式を学習することができます。

cagedシステム

また、CAGEDシステムを使うことで、すべての指板上でのコードポジションを把握するのに役立ち、スケール、コード、アレンジなどを学習することができます。

CAGEDシステムを学ぶメリット

CAGEDシステムを学ぶことで、ギターをより効率的に演奏することができるようになります。

  • 指板全体のコードポジションが理解できる
  • スケールの中からコードトーンを素早く見つけることができる
  • キー間の移動を簡単に行える
  • ルート、3度、5度の重要な音がわかる

CAGEDシステムは、ギターコードを理解する上で重要な概念であり、ギターを演奏する際のポジション、スケール、コードなどを理解して演奏に活用することができるようになります。

CAGEDシステムを理解することで、ギターのキー間の移動を効率的に行えるようになり、様々なキーで曲を演奏する際にも役立ちます。

CAGEDシステムの仕組み

CAGEDシステムは、ギターの各フレット上にある5つのコードポジションを直感的に把握するために使用されています。

ギターのC→A→G→E→Dコードの順番で並べて使用して、各ポジションのコードトーンを表現することで、ギターのアドリブ奏法やアレンジを直感的に表現したいという思いから生まています。

この仕組みを使うことで、ギターでコードやソロをプレイする際に、ポジションを正確に把握するために役立ちます。

ギターソロを作る時に役立つ5つのヒント

CAGEDシステムの使い方

CAGEDシステムは、指板上全体のコードポジションを簡単に特定できるようになります。

CAGEDシステムを使用すると、ギターの各フレット上にある5つのポジションを表現できます。

このシステムは、ギターでコードやソロをプレイする際に、ポジションを正確に把握するために役立ちます。また、スケール内のコードトーンを把握することができるので、コード進行に沿ったスムーズなフレーズを思いつきやすくなります。

CAGEDシステムでギターを弾くコツ

実際にギター演奏でCAGEDシステムを取り入れる為の方法をご紹介します。

1. CAGEDシステムを理解する

まずはCAGEDシステムについてしっかりと理解することが前提です。

簡単にいうと、C-A-G-E-Dのコードフォーム使ってフレットボードを分割するシステムです。

2. 各コードを練習する

CAGEDシステムを活用するには「C-A-G-E-D」のすべてのコードを弾ける必要があります。

コード表を見ながら、この5つのコードをマスターしましょう。

CAGED

3. 色んなポジションで鳴らしてみる

CAGEDシステムを使っていると、一つのコードに5つの押さえ方、各フォームも横にズラせば違うコードになる。といった色々な気付きがあるかと思います。

一つのフレーズでも、指板上の色んなポジションで弾く練習も効果的です。

4. 練習曲を演奏してみる

CAGEDシステムをギター演奏に活用する為に最も最適な練習方法は、実際に曲を弾くことです。

繰り返し曲を演奏してみることで、各コードがどのように使われているかを理解し、アレンジや各音の機能を自然と学ぶことができるのでおすすめです。

5. 誰かとセッションしてみる

他のプレイヤーと共演することにより、CAGEDシステムを使用したプレイを実践し、実践で学べる経験を積むことができます。

まとめ

CAGEDシステムを学ぶことで、ギターをより効率的に演奏することができるようになります。

コードポジションを瞬時に理解できるようになり、スケールやコード、アレンジなどを学習することができるので、ギターを演奏する上でとても役立つシステムです。

CAGEDシステムを学ぶ上では、理解、練習、実践などを繰り返して身に着けることが大切です。

以上、「CAGEDシステムとは?初心者のギター学習効率を大幅にUPさせる仕組み」でした。


ギターを始めて1年目で知っておきたかった5つのこと

ギターの即興演奏で自信をつける5つの方法

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ12選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bo ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-GUITAR
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2023 All Rights Reserved.