GUITAR

エレキギターの音作りに迷ったらコレ!ジャンルごとの最適なアンプつまみ設定

アンプ 音作り

エレキギターの音作りに迷ったらコレ!ジャンルごとの最適なアンプつまみ設定

スタジオやライブハウスに設置されているアンプには「イコライザー」と呼ばれる音質調整の為の「つまみ」が備わっており、正しく設定することで自分好みの音質にできる便利な機能です。

ジャンルやスタイルに合わせて、より良い音質を求めて自分でカスタマイズしたいという方も多いとは思いますが、環境に合わせて正しくセッティングするには、ある程度の経験と知識が必要になってきます。

そこで今回は、簡単なギターアンプのつまみの使い方の説明と、ジャンルごとの最適なつまみ設定についてご紹介します。

アンプつまみの役割

ほとんどのアンプに標準的に搭載されているメインコントロールの役割は以下の通りです。※メーカーや機種によっては呼び名が異なったり、独自のつまみが搭載されていることもあります。

  • Volume : 音量
  • Gain : 歪み
  • Bass : 低音
  • Middle : 中音
  • Treble : 高音
  • Tone : 音質
  • Resonance : 超低音
  • Presence : 超高音

これらのパラメーターを調節しながら、自分の演奏スタイルにあった最適な音質に近づけていきましょう。※アンプの使い方について詳しく知りたい方はギターアンプの音作りと正しい使い方を合わせてご覧ください。

ここから、アンプのつまみに関してはスタジオやライブハウスで常設されていることが多いマーシャルアンプの音作りを基準にご紹介していきます。

【迷ったらコレ!】オールフラット設定

オールフラット
BASS:5 MIDDLE:5 TREBLE:5

BASS、MIDDLE、TREBLEをすべてフラットに設定することでアンプ本来のサウンドが出力されます。(右に最大回した状態がスタンダードな機種もあります。)

この状態からスタートして、環境に合わせてカット/ブーストして音質を整えていくと、音の間隔がつかみやすいのでおすすめです。

【迷ったらコレ!】ローカット設定

ローカット
BASS:2~4 MIDDLE:5 TREBLE:5

バンドのようなアンサンブルの中で演奏する場合は、低音の領域にはキックやベースといった楽器がいるのでローカットするだけでもスッキリとした印象のサウンドになります。

200Hz前後は色んな楽器がひしめき合う帯域なので、ギター単体で演奏するとき以外は注意が必要です。

【迷ったらコレ!】ドンシャリ設定

ドンシャリ
BASS:6~8 MIDDLE:3~5 TREBLE:6~8

低音(ドン)と高音(シャリ)を強調した「ドンシャリ」設定はロックミュージックとの相性抜群です。

中音をカットすることで自然とボーカルとの音被りを防ぐ効果もあるので、バンドアンサンブルの中での伴奏パートを弾く場合はドンシャリが最適です。

【迷ったらコレ!】かまぼこ設定

かまぼこ
BASS:3~5 MIDDLE:6~8 TREBLE:3~5

ドンシャリとは反対に、低音と高音を削って中音をブーストした形がかまぼこに似ていることから、そのまま「かまぼこ」設定と呼ばれています。

この設定はリードやソロのようなギターパートを強調したい場合に最適です。

ジャンルごとの最適なセッティング

ここからはジャンルに合わせた、おすすめのつまみセッティングをいくつかご紹介します。

ポップのつまみ設定

ポップ
BASS:2~4 MIDDLE:3~4 TREBLE:6~8

ポップス系によく合うセッティングで、カッティング奏法との相性も良いです。

低音はベースにまかせてしまって、ボーカルに合わせて中音をややカット気味に、ギターのおいしい高音帯域を強調します。

ロックのつまみ設定

ロック
BASS:6~8 MIDDLE:3~5 TREBLE:6~8

ロック系であれば、先ほども紹介した「ドンシャリ」サウンドがマッチします。

歪ませたギターとの相性も良く、ズンズンとしたブリッジミュート奏法とエッジの効いたリフにも合います。

メタルのつまみ設定

メタル
BASS:6~8 MIDDLE:3~5 TREBLE:7~9

メタル系の場合はドンシャリ設定をさらに極端にしたものがよく合います。

ゲインを上げると中高音が一緒にブーストされるので、ゲイン量に合わせて高音をコントロールするのがポイントです。

ジャズのつまみ設定

ジャズ
BASS:4~6 MIDDLE:4~7 TREBLE:2~4

ジャズの場合は高音を抑えたメロウなトーンが好まれています。

ボーカルの有無によって中音の量をコントロールして、ソロギターの場合は中~高音にかけてブーストすることでおいしい帯域を使うことができます。

まとめ

音作りに迷ったときに役立つ簡単セッティングと、ジャンルごとの最適なアンプつまみ設定についてご紹介しました。

イコライザーを設定するときにはアンプのつまみ以外にも、ギター本体、エフェクター、シールド、スピーカー等さまざまな要素を考慮してセッティングする必要があります。

アンプ以外のいくつかの要素を考慮したうえで、自分の演奏スタイル、ジャンル、好みといった要素を付け加えると、より良いサウンドに近づけることができます。

以上、「エレキギターの音作りに迷ったらコレ!ジャンルごとの最適なアンプつまみ設定」でした。


ギターアンプのゲイン(歪み)を使って音作りする方法

ギターアンプのセッティングと音作りの基礎

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-GUITAR
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.