DTM

DAWが重い場合にチェックするべき5つの項目【FL Studio】

2021年2月27日

DAWが重い

DAWが重い場合にチェックするべき5つの項目【FL Studio】

作曲中にトラックが増えてくるとだんだん動作が重くなってきたり、最悪の場合フリーズしてシャットダウンしてしまうということも。。。

DTMerにとって最悪の自体をまぬがれる為にもDAWが重い場合にチェックするべき5つの項目についてお話します。

1. バッファサイズとマルチスレッド処理

まずはDAWのオーディオ設定を見直します。

左上のメインメニューからオーディオ設定を開きます。

fl studio audio settings


バッファーの値とCPUのマルチスレッド処理を可能にする項目があります。


バッファーの数値は大きくするほど動作は軽くなりますが、レイテンシーと呼ばれる「音のズレ」が発生します。

楽器を録音するときはバッファ数値を小さくして、普段の作業中は大きめにするようにして使い分けると、より効率的に作業を進めることができます。

マルチスレッド処理を許可すると、PCのCPUコアが連携して動作するようになるので、DAWの動作が快適になります。

2. 必要のないプラグインの動作を停止する

「Smart disable」という機能を使うことで、動作させる必要がないプラグインをFL Studioが自動的に判断し、動作を止めることでCPU負荷を軽減する仕組みです。

使い方は簡単で、左上メニューの「TOOLS」から設定可能。

FL Studio Smart disable


ここ以外にも先ほどのオーディオ設定画面からも設定できるので、動作が重い場合にはここにもチェックを入れておきましょう。

fl studio smart disable


3. 未使用のオーディオファイルを整理する

サンプル音源を使用したり、レコーディングをしていると気付かないうちに、どんどん必要の無いオーディオデータが溜まっていってしまいます。

不要なオーディオデータはPCのスペースとRAMを占領します。古いボーカルトラックや、トラックで使用していないサンプルなど、使用していないオーディオクリップやエフェクトを消去することで動作が軽くなります。

FL Studioの場合は左上メニューの「TOOLS」→「Purge unused audio clips」から簡単にトラックに使用していない不要なオーディオデータを削除できます。

FL Studio 不要なオーディオファイルを削除


これでトラックに使用していないオーディオデータはすべて削除されます。

FL Studio上からは消えますが、PC内にデータとして残っているので、もし間違えて必要なオーディオデータを削除してしまった場合でも引っ張り出すことは可能です。


4. MIDIをバウンスする

シンセサイザー等の多くのプラグインとMIDIトラックを使用している場合はCPUの処理がすぐに不足してしまう可能性があります。

MIDIトラックを使用してシンセサイザートラックを再生するときはコンピューターはリアルタイムでMIDIデータの変換、シーケンス処理、オーディオへの再生などを処理する必要があります。

一番負荷がかかる動作でもあるので、作業しながら可能な限りMIDIトラックをオーディオにバウンスすることをお勧めします。

やり方は、まずMIDIデータのクリップパターンを右クリック、その中から「Quick render as audio clip」を選択します。

FL Studio バウンス


これでオーディオトラックが生成されます。MIDIトラックを削除して置き換える場合はMIDIの修正ができなくなるので注意してください。

もしまだ修正する可能性がある場合はMIDIトラックをミュートした状態にしておいたり、楽器プラグインのみを削除するなどしてデータを残しておきましょう。

5. エフェクトを共有する

個々のトラックにエフェクトを挿している場合、同じプラグインを各楽器に適用することになるので、重くなる原因でもあります。

例えば、個々のトラックごとにリバーブエフェクトを挿入するのではなく、リバーブ専用のミクサートラックを作成し、それぞれのトラックからリバーブトラックに送るようにすることで、1つのエフェクトを使用するだけで各トラックにリバーブを適用できます。

リバーブ専用トラック


エフェクト側でドライ音を「0」にしないと原音が2回鳴っている状態になるので注意しましょう。

エフェクト側のドライ音を0にする


まとめ

DAWが重い場合にチェックするべき5つの項目についてお話しました。

  1. バッファサイズとマルチスレッド処理
  2. 必要のないプラグインの動作を停止する
  3. 未使用のオーディオファイルを整理する
  4. MIDIをバウンスする
  5. エフェクトを共有する

FL Studio上だけで解消されない場合はインターネット回線をオフにしてみたり、PC側の設定を変更することで、さらに動作を軽くすることもできるので、是非試してみてください。

以上、「DAWが重い場合にチェックするべき5つの項目【FL Studio】」でした。
※今回の内容はYouTubeでも解説しています。



【FL Studio】覚えておくと便利な5つの機能

【FL Studio】音が出ないときにチェックするべきこと

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-DTM
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.