DTM

ヒップホップ制作に最適なベース音源DopeSONIX「Bass Engine 2」が半額!

bass engine 2


ヒップホップ制作に最適なベース音源DopeSONIX「Bass Engine 2」が半額!


808、サブ、およびヴィンテージのベースシンセ等、ヒップホップ制作において必要な低音を満たすベースプラグインDopeSONIX「Bass Engine 2」が半額の50%OFFセールを実施中です。

約¥8,400のところが¥4,100円で販売されているので、HiphopやTrap系のビートメイクをしている方は要チェックです。


海外のヒップホッププロデューサーからの支持も厚く、制作に必須な808やヴィンテージのアナログサウンドのベースまで、多く収録されています。

Bass Engine1と2を所持していればアップライトやエレキベース等、ヒップホップのプロダクションで使用できるほぼすべてのベースサウンドを入手することができるでしょう。


Bass Engine 2の特徴

  • 808、サブベース、ヴィンテージベースなどを含む300のヒップホップベース楽器
  • Drawmer 1961 Dual Vacuum Tube Equalizerで暖かさとパンチを実現
  • 内蔵のピッチ、パン、グライド、ボリュームコントロール
  • 組み込みの柔軟なADSRコントロール
  • モノ、ポリ、レガートモード。
  • ソフト、ノーマル、ハードの速度モード。
  • 超低CPU使用率[ラップトップ/タブレット/低スペックPC / MACを所有している場合に最適]
  • 超高速のパッチのロード[パッチをすばやく切り替えてすばやく移動]
  • ベースラインを手動でプログラムするか、MIDI / USBコントローラー/キーボード/ MPDを使用する





808ベースのミキシングテクニック【Hip-hop, Trap】

【HipHop】ビートメイクに役立つVSTプラグインエフェクト5選

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-DTM
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.