DTM関連

シンセコード作成時のテクニック【EDM】

2019年10月23日


海外プロが使っているコードのボイシングテクニックを紹介します。



シンセサイザーを使ってコードを作る時に、
「もっと映画みたいに壮大な感じにしたい」
「音圧がもっと欲しい」等の悩みが出てくると思います。


今回はピアノロールでの打ち込み時に気をつけるべきこと、ボイシング(和音の重ね方)について説明していきます。

1.和音の配置



和音の配置について、まずはEDMでよく使われるコード進行
Ⅰ→Ⅴ→Ⅵ→Ⅳ(C→G→Am→F) を使って説明していきます。



こちら基本形のトライアドです。 



コードに関して、まだよくわからない方はこちらをご覧ください。


これだと音に広がりがないので、クローズドボイシングからオープンボイシングに変えていきます。

まずは転回形を使い、コードチェンジをなだらかにします。



GとFのコードのルートの音を1オクターブ上にあげます。



続いてルート+5度の音を必要に応じてオクターブ下に広げます。



こうする事で低音が補強され音に厚みが出ます。 

続いてトップノートです。

トップノートとは1番耳に残る音なので、トライアドなら3度の音、7thなら7度、9thなら9度といったように、そのコードを特徴づける音をトップノートに配置します。

今回は3度の音をトップノートに配置します。




この状態で一度聴いてみましょう。

基本形
アレンジ後


どうですか?

かなり音圧と音の広がりが出たと思います。
コード感を出したい時や、壮大な雰囲気にしたい時におすすめです。

2.ベロシティ

ノートを配置したら次にベロシティの設定をします。


一音一音調整するのも、もちろん良いのですがFL Studioの場合、Randomize機能を使うのが便利です。



これを適応すると人が弾いてるニュアンスに近くなり、生感がでます。

左上のスパナマークを押してRandomize



すると下のベロシティ部分がバラバラに配置されます。


ここからある程度微調整して完了です。

3.Strum設定



Strum機能なんですが、Strumとは直訳すると「かき鳴らす」です。


なにもしないままだと音の発生タイミングが全部同じで、すごく機械的になっています。

ノートがすべて同時に鳴っている状態


人がピアノを弾く場合、コードチェンジ時や鍵盤を押さえる時に多少のズレが発生します。


それを再現するのがStrumです。

左上のスパナマークからStrumを選択



ズームすると分かるのですが微妙にノートの配置が前後にずれます。




シンセの場合はそこまで目立たないのですが、ピアノ等の生楽器をしようする場合は使用したほうがいいです。


加工無し
加工済み


人間っぽさが出たと思います。



以上です。

まとめ


ベロシティとストラムに関しては今回FL Studioを使って説明しましたが、他のDAWにも自動でやってくれる機能は付いてると思います。

今回の内容、特に前半のコードボイシングのテクニックは、ほとんどのプロデューサーが使用しているのでおすすめです。

動画でも今回の内容の説明をしているのでもっと詳しく知りたい方は、是非ご覧ください。

人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-DTM関連
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.