音楽トピック

イコライザーを使って重低音にする為のおすすめ設定【リスニング用】

イコライザー 重低音


イコライザーを使った重低音サウンド


「イコライザー」は聴いている楽曲をお好みの音質に変化させる便利なツールです。

キックドラムやベースを強調した低音寄りの音質が好きな方や、クラシックのような透明感のある音質が好きな方など様々です。

今回はその中でもロック、EDM、ヒップホップといったジャンルとの相性が良い、重低音にフォーカスしたサウンドを作る方法をご紹介します。

イコライザーの基礎知識


スマホの標準音楽プレイヤーや多くのミュージックアプリには、もともとイコライザーが付属していることがほとんどなので、設定からイコライザーを使って自分好みに音質を変化させましょう。

イコライザーの基本的な設定方法は簡単で、大体0~16kHzの間の周波数帯域をつまみやスライダーを使って調節するのですが、数字が小さいほど低い音、数字が大きいほど高い音を調節できるようになっています。


重低音にしたい場合は左側のスライダーを上に上げれば低音が強調されたサウンドになりますが、相対的に高音や中音が犠牲になるので、バランスのとれた気持ちの良い重低音サウンドにするには少しコツがいります。

ロックとの相性が良い重低音サウンド

ロック イコライザー設定


ロックとの相性バッチリなイコライザー設定です。

一般的なバンド形態のロックサウンドの場合、キックドラムが60Hz周辺、ベースが80~500Hzぐらいにかけて鳴っているのでブーストします。

30Hz以下はブーストするよりもカットしたほうが余計な低音が無くなるので、よりキックとベースが際立ちます。

低音だけブーストするとこもったようなサウンドになってしまうので、ギターやキーボードのおいしい帯域である2~6kHzをブーストすることで「ドンシャリ」と呼ばれるサウンドになり、ロックらしさがより強調されます。

ダンスミュージックとの相性が良い重低音サウンド

ダンスミュージックイコライザー設定


ダンスミュージックの場合もロックに近いイコライザー設定ですが、30Hz周辺まで低音が出ているのでしっかりとブーストします。

イヤホンやスマホのスピーカーだと変化が分かりずらいですが、クラブのような大きなスピーカーや高性能なヘッドホンを使ってリスニングしたときに大きな違いがでます。

EDM系はロックよりも多くのデジタル楽器を重ねるので200Hz周辺に音の塊ができやすく、適度にカットするとスッキリして聴きやすくなります。

EDMには欠かせない、シンセサイザーと呼ばれる電子楽器が1~16kHzの非常に広い範囲に存在するので、その辺りもブーストしてあげましょう。

ヒップホップとの相性が良い重低音サウンド

ヒップホップイコライザー設定


最近のヒップホップの重心はかなり低く、実は最も重低音が特徴的なジャンルです。

重低音の秘密として、808と呼ばれるベースがメインの楽器として扱われるのですが、40~60Hzと非常に低いところでなっているので、この辺りをブーストするだけでかなり迫力が増します。

ハイハットも特徴的なジャンルなので6~16kHzもブーストして、伴奏楽器が薄いのでラップボーカルがしっかりと前面に出るように2kHz周辺のスウィートスポットを上げると手前に張り付くように出てくれます。

「Perfect」設定はパーフェクトじゃなくなった?


少し余談ですが、完璧なイコライザー設定と言われている「Perfect」イコライジングをご存じですか?

2000年代にどんな楽曲でも簡単に高音質にしてくれるイコライザー設定として流行しました。

perfect イコライザー
Perfect設定


Perfectにさらにハイエンド部分にアレンジを加えた「Eargasm Explosion」も流行りました。

Eargasm Explosion
Eargasm Explosion


有名なので今も使っている方もいるかと思いますが、音楽ジャンルの移り変わりとリスニング機器、テクノロジーの進化でどんどん音の重心が下がってきているので、現在の音楽環境にはまったく合いません

昔は50Hzより下の音域を上手く再生できるリスニング機器は少なく、重要視されていませんでしたがHiphop,Trapブームとオーディオ機器の進化によって大きく変化しました。

今だと125Hzをピークにするよりも40~60Hz辺りにピークを持ってくるように設定すれば、良い感じにマッチすると思います。

まとめ


イコライザーを使って重低音にする為のおすすめ設定をご紹介しました。

高性能なリスニング機器になるほど、イコライジングをフラット(真ん中)に近づけると理想の音質を得られやすいです。

一般的な安価なイヤホンを使用する場合には、今回の設定値は効果が大きいので一度試してみてください。

以上、「イコライザーを使って重低音にする為のおすすめ設定【リスニング用】」でした。


EQ(イコライザー)を使って不要な音をカットしよう

自宅でのミックス作業に最適なヘッドホン 5選

人気記事

1

人気おすすめVSTプラグインソフト7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の大手プラグインサイト「Plugin Boutiq ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-音楽トピック
-

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.