Loopcloud Music App from Loopmasters.com

GUITAR

ギターのコードストロークのやり方 | 正しい右手の振り方

ギター コードストローク

ギターのコードストロークのやり方 | 正しい右手の振り方

左手でフレットを押えて、右手でピック、または指を使ってジャカジャカ弾くことを「ストローク」と言います。

音のボリューム、リズム、音質とギターの音色に直結する重要なポイントなので、右手のストロークを正しく行うことで、演奏が安定し、上手く聞かせることができます。

今回はギターストロークにおける正しい右手の振り方についてご紹介します。

ピックを使用する

ピックを使わずに指弾きで演奏するギタリストもいますが、今回はピック弾きのストローク方法について解説していきます。

ピックの握り方は尖った先端部分を左側になるように、第一関節を軽く曲げた人差し指の側面に乗せるようにして、上から親指でおさえ込むようにします。

ピックの形状にもよりますが、1~1.5cmほど先端が出るようにして構えます。(単音弾きのテクニカル系ほど短く、カッティング等のストローク系は長めに持つ人が多いです。)

上級者になるほどピックを握る力が抜けてきて、弦に対してまったく抵抗のない感覚が身に付いてきますが、始めのうちはピックを落としてしまう可能性が高くなるので、滑り落ちない程度に力を入れて握りましょう。

ギターピックの種類と選び方!人気の定番ピックもご紹介

弦にあてる角度

実際にジャカジャカとピックを使って弦を弾くときには、弦にあてるピックの角度が重要になってきます。

弦に対してのピックの進入角度は、まずは基礎としては弦に対して水平になるようにピックを持ち、垂直に当てる感覚を身につけておくことをおすすめします。

ピックの角度

慣れてくると少しピックを斜めに入れることでエッジ感の強いサウンドにしたり、演奏スタイルによっては弾きやすくなったりしますが、基本は水平に持って弦に対してまっすぐ当てることです。

次は横から見た時の角度です。下向きのダウンストロークの時は少し寝かせるようにして、上向きのアップストロークの時は手首を返すようにして角度を付けると、弦に逆らうことなくスムーズなストロークが可能になります。

分かりやすいように極端にやっています


実際には手首の力を抜いてスナップを利かせることで、自然と角度がついてスムーズな演奏が出来るようになります。


右手の振り方

ピックの持ち方と弦に当てる角度が分かったので、次は右手の振り方についてです。

これはギタリストによって腕全体を振るタイプの人や、手首から先だけを振るタイプの人とかなり個人差があります。

主観的な意見としては上腕を固定して、肘を支点として肘から先を上下に振る方法が、最もスタンダードなコードストロークの振り方だと思います。

1~6弦すべてに均等に力が伝わるようにして、上下に振り抜きます。

ダウンとアップの同時が難しい場合は、まずはダウンピッキングだけを繰り返し練習して、慣れてきたら次はアップピッキングを繰り返し練習するようにしましょう。

ギターストロークの強化練習【右手とリズム】でも解説したように、コードストロークは「リズムギター」と言われるくらい右手のリズム感が重要になってきます。

練習中は必ずメトロノームを使って、リズムに合わせて演奏するようにしましょう。

ダウンストローク練習

ダウンストローク

Cコードを押さえて、すべてダウンストロークで弾きます。

音は切らずに「ジャーン、ジャーン」といった感じです。

アップストローク練習

アップストローク

すべてアップストロークで弾きます。ダウンと同じような音色になるようにピックの角度や力加減を調整してみましょう。

休符をはさんだ裏拍のリズムになっているので、難しい場合はダウンストロークのときと同じリズムでも構いません。

オルタネイト練習

オルタネイト

ダウンとアップを交互に繰り返すオルタネイトパターンです。

実際にはダウンを強め、アップをやや弱めの力加減を意識すると、グルーヴ感が生まれるので、慣れてきたらアクセントも意識して演奏してみましょう。

まとめ

ギターのコードストロークのやり方についてお話しました。

右手の振りに慣れてきたら、カッティング奏法や色々なリズムパターンに挑戦してみましょう。

コードストロークは「リズムギター]とも言われるくらいコードストロークはリズム感が重要なパートなので、必ずメトロノームと一緒に練習するようにしましょう。

以上、「ギターのコードストロークのやり方 | 正しい右手の振り方」でした。


ギターを始めた時に最初に学ぶべきコードの種類

ギターコードの押さえ方と綺麗に鳴らすコツ

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-GUITAR
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.