GUITAR

【全部弾ける?】ギター激むずコード5選

激むずコード

【全部弾ける?】ギター激むずコード5選

世の中には「いつ使うんだよ!」っていうような難しいコードがいくつか存在します。

ポジションを変えればもっと簡単に押さえれるものもありますが、コードボイシングによって響きやトーンが異なる為、あえて難しいストレッチフォームを使うアーティストもいます。

今回はギターの激むずコードを5つご紹介します。(腱鞘炎に気を付けて!)


Lv1 Fコード

Fコード


Lv1はあえて初心者キラーと呼ばれるFコードをチョイスしました。

もしFコードがまだ押さえることができないという方は回れ右してくださいね♪

Fコードが難しいと言われるポイントは1フレットを人差し指で全部押さえる「セーハ」と呼ばれるテクニックにあります。

Lv2 Am9コード

Am9コード


セーハが苦手な人でもこっちなら押さえれるという方もいるかもしれません。

しっかり指を立てないと他の弦に触れてしまうので気を付けましょう。

5弦開放を鳴らして、6弦を鳴らしちゃいけないというのが地味に難易度高いです。

Lv3 B13コード

B13コード


1、2弦を小指で2音押さえるのが難しいです。

手首の角度を変えると案外簡単に押さえれるコードだったりします。

あまり無理すると腱鞘炎になりえるコードフォームなので気を付けてください。

Lv4 Gadd9コード

Gadd9コード


ここからは手の大きさ、指の長さが関係してくるレベルになってきます。

個人的に今回紹介する中で一番響きが綺麗なコードで、9th独特の切ない感じがして実際に楽曲の中でも使用できそうな音です。

とはいえ、セーハで固定された状態で4フレット差を押さえるので、手の小さい方は物理的に届かないこともあるのであまり無理しないでくださいね。

Lv5 E7(#5)コード

E7(#5)コード


見るからに難しいそうな最難コードです。

響きもそこまで綺麗な訳でもなく、これこそ「いつ使うんだよ!」って感じのストレッチコードです。

5フレットを人差し指セーハ、1弦10フレットを小指で押さえる脅威の5フレット間コードです。

まとめ

ギター激むずコードを5つご紹介しました。

  1. Fコード
  2. Am9コード
  3. B13コード
  4. Gadd9コード
  5. E7(#5)コード

9th系のコードは実際に使えそうな感じはしますが、そのほかはテンションやらaugコードなのでほとんど登場する機会はないですが、ジャズプレイヤーならネタ的に覚えておくと活用できるかもしれません。

以上、「【全部弾ける?】ギター激むずコード5選」でした。


ギターコードを簡単にする方法を解説【上手く押さえられない方へ】

伝説的アーティストが使った有名な5つのギターコード


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-GUITAR
-

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.