DTM関連 ギター関連

高品質のオーディオインターフェイス 5選

2020年1月24日


高品質のオーディオインターフェイス 5選


以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。

今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ向けの高品質オーディオインターフェイスを5つご紹介致します。


Focusrite Scarlett 18i20

Focusrite Scarlett 18i20の画像
  • 世界No1シェアのブランド力
  • Pro Tools / Ableton Live付属
  • スタジオクオリティのサウンド


Focusrite Scarlett 18i20は、伝統のFocusriteのサウンドクオリティを引き継ぎ、最高のコストパフォーマンスを実現した最上位モデルのオーディオインターフェイスです。


Focusriteのマイクプリアンプと最新のデジタル技術で、今までに多くの賞を受賞しています。

マイクプリアンプは、世界トップクラスのスタジオで使用され、本機も同様に低いノイズ、歪みを最小限に抑え、広いダイナミックレンジを持ち、今まで以上に最高のレコーディング環境を提供します。



Roland Octa-Capture

Roland Octa-Captureの画像
  • 8系統マイクプリアンプ
  • 極少レイテンシー
  • 2台同時接続可能


Roland社のOCTA-CAPTUREは、ローランドのテクノロジーを詰め込んだ8系統のマイク・プリアンプ「VS PREAMP」非常に少ないレイテンシーを実現する「VS STREAMING」テクノロジーを搭載した、最大24bit/192kHzに対応する10 IN/10 OUTのUSB 2.0対応オーディオ・インターフェース。


頑丈でコンパクトなボディに、8つのハイクオリティマイク・プリアンプを搭載。自動で入力レベルを調整してくれるAUTO SENS機能も付いており、複数のマイクを使用したドラム録音や、バンドサウンドのレコーディングに最適です。



Universal Audio Apollo Twin MKⅡ SOLO

Universal Audio Apollo Twin MKⅡ SOLOの画像
  • 個人のデスク使用に最適
  • DSPによる高速エフェクト処理
  • 音の解像度が高い


Apollo Twin MkII は、個人のソロアーティストに向けたオーディオインターフェイスで、世界で最も人気のWindowsとMac用プロフェッショナル・インターフェイスを改良して、強化されたアナログレコーディングのワークフローを提供します。

業務用ライナップのAPOLLOラックシリーズと同レベルの高品質なAD/DAコンバーターを搭載しています。

2つのマイクプリアンプとラインアウトで、どんな音量レベルでも最大の解像度になるよう、2つのデジタルコントロールアナログモニターアウト、Hi-Zインストルメントインプットとヘッドフォンアウト、最大8チャンネルのデジタルインプットと豊富な入出力で対応。


普段使用しているDAW(作曲ソフト)からUADプラグインをリアルタイムで使用することも可能です。



Apogee Duet

Apogee Duetの画像
  • 軽量&コンパクトなボディ
  • 高音質
  • iOSデバイス対応


Apogee Duet for iPad & MacはiPad、iPhone、iPod touchなどのiOSデバイス、そしてMacにて場所を選ばずにレコーディングを可能にするUSBオーディオ& MIDIインターフェイス&ヘッドフォン・アンプです。


Apogeeのデジタル・オーディオ変換、世界基準のマイク・プリアンプを搭載しており、サウンドの奥行きと繊細な音のニュアンスまでをレコーディング可能です。Apple製品に似合う非常にシンプルなデザインでUSB 2.0での使用と、iOSデバイスへのダイレクトな接続も対応。

非常に低いレイテンシーで、高品質なレコーディングとプレイバックを保証します。USB MIDI端子も搭載しており、Core MIDI対応のキーボード、コントローラーも利用できます。



PreSonus Studio 192

PreSonus Studio 192の画像
  • レコーディング向け
  • トップクラスのデジタル変換
  • Studio Oneとの連動性


Studio 192は、あらゆるレコーディング環境やプロダクションに対応した、PreSonus初のUSB 3.0オーディオ・インターフェースです。


オーディオのプロから高い評価を得ているBurr-Brown製の24Bit 192kHzコンバーターやリモート・コントロール可能なXMAXプリアンプで深い低音、クリアな高音と非常に豊かなサウンドを提供します。

各アナログ入力にはディレイやリバーブを搭載したFat Channelプロセッシングの他、ゼロレイテンシー・モニター・ミキシング、内蔵トークバックと多くの機能を備えており、最新のデジタル・テクノロジーを詰め込んだDAW「Studio One」とも相性は抜群です。


プロフェッショナル・モニタリングとミキシング・コントロールを組み合わせ、並外れた忠実度とフレキシブルな接続性を提供します。



まとめ


高品質なオーディオインターフェイスを5つご紹介しました。

  • Focusrite Scarlett 18i20
  • Roland Octa-Capture
  • Universal Audio Apollo Twin MKⅡ SOLO
  • Apogee Duet
  • PreSonus Studio 192


迷っている方には、この中でも特に「Focusrite Scarlett 18i20」をおすすめします。

Focusriteのブランドの信頼性は高く、プロのエンジニアやプロデューサーからも絶大なる支持を得ているメーカーです。
世界No1シェアを誇るDAWである「Ableton Live」が付属しているのも大きなポイントです。



以上、高品質のオーディオインターフェイス5選でした。



人気ギターエフェクトソフトウェア 5選 【2020年最新】

ハイスペックEQ(イコライザー)プラグインソフト 5選【DTM】

人気記事

1

人気おすすめVSTプラグインソフト5選【DTM初心者】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の大手プラグインサイト「Plugin Bou ...

2

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

3

はじめてのギターエフェクター【最初に買うべきはコレ!】 ↑今回の内容の音声配信です。エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音 ...

4

【Trap】トラップビートの作り方!簡単な5つのステップ【HipHop】 これからビートメイクを始める方に向けて、簡単なトラップビート制作の流れをご紹介します。数ある音楽ジャンルの中でも、非常にシンプ ...

5

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

-DTM関連, ギター関連
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.