BAND

バンドマンの為の最新SNSマーケティング戦略

バンドマン SNS

バンドマンの為の最新SNSマーケティング戦略

音楽界で成功するためには、卓越した音楽スキルだけでなく、効果的なSNSマーケティング戦略も欠かせません。特に現代では、ソーシャルメディアの急速な普及により、直接ファンと繋がり、知名度を広めるための絶好の機会を手にしていると言えます。

特に多くの予算を組むことが難しいバンドマンにとって、SNSは最も効果的なプロモーションツールの一つとして機能します。SNSを利用することで、多くの人に自分の音楽を聴いてもらうことができ、ライブチケットやグッズ販売にもつなげることができます。

しかし、SNSを効果的に利用するためには、戦略が必要です。SNSで何を達成したいのか、ターゲットとなるユーザーは誰なのか、どのようなコンテンツを投稿すればよいのか、を明確にする必要があります。

そこで今回は、バンドマンのための最新のSNSマーケティング戦略についてご紹介します。

バンドマンに役立つマーケティングツール

マーケティングツール

SNSは上手に利用することで、一切コストをかけずに行える無料のプロモーションツールとして機能します。

新曲の発表やライブの集客、その他コンテンツの発信を自分とマッチする音楽ファンに向けて、簡単に素早く情報を広めることができます。

もちろん上手く機能するまでには多くの時間と労力を費やす必要があるかもしれませんが、ITの拡散力を手に入れることで、フライヤーや音楽情報誌では不可能な距離にまで、広く情報を拡散することができるようになります。

バンドマンに適したSNS

ミュージシャン向けSNS

SNSは常に進化しており、新しいプラットフォームが次々と登場しています。ここからはバンドマンが自身の音楽を広め、多くのファンを獲得するのに最適なプラットフォームを紹介します。

TikTok

tiktok

TikTok(ティックトック)は今ミュージシャンにとって最も注目度の高いショート動画プラットフォームです。コンテンツを通じて楽曲がより広く認知され、そこからカルチャーが生み出される「バイラルヒット」と呼ばれる現象が期待できます。

さらに、TikTokの注目すべき点はオーディエンス属性です。他のソーシャルメディア・チャンネルと比較して、TikTokのオーディエンスはほとんどが10代~20代の若い世代で、音楽を拡散力のある学生や若い人達にリーチすることができます。

新しい音楽やアーティストはTikTokから見つける時代に突入しており、アーティストだけでなく、音楽業界、特にレコード会社にとってTikTokはもはや必要不可欠なプラットフォームとして認知されています。

【200億回再生】2021年もTikTokの音楽への影響力が拡大

YouTube

youtube

最大規模のステージを狙うのなら間違いなくYouTubeを選択しましょう。

全世界に20億人を超えるYouTubeユーザーがいることからも、プラットフォームとしてのスケールの大きさが伺えますが、競合の数もトップクラスです。

ただ音楽をアップロードしただけでは誰にも観てもらえずに、星の数ほどあるデジタルコンテンツの山に埋もれてしまうのが普通です。かなりの労力とアルゴリズムの理解が必要ですが、上層に浮上できたときには驚くほどの音楽ファンにリーチすることが可能になります。

YouTubeは実験的なプラットフォームとしても機能します。バンドのミュージックビデオ、カバーなどをアップロードするだけでなく、何か新しいことにチャレンジするのもありです。多くのアーティストやミュージシャンは、YouTubeを使って自分のオリジナルコンテンツをファンに紹介し、独自のコミュニティを作っています。

Instagram

instagram

ライブの盛り上がりを友人に共有したり、クールな写真や映像を投稿して、アーティストのブランディングを確立するためにも最適なプラットフォームです。

Instagramでは音楽そのものよりも、感動的な音楽体験を共有することを目的とし、制作過程や自分の音楽を世界中のファンと共有するツールとして機能します。

インスタグラムの潜在的なリーチは驚くべきもので、ユーザー数は10億人以上と推定されています。また、Instagramには、SpotifyやSoundCloudのアカウントに直接リンクできるストーリーズなど、プロデューサー向けの素晴らしい機能が組み込まれています。

Threads

threads

Metaが2023年7月6日にリリースした「Threads(スレッズ)」。Twitterに代わるSNSとして注目が集まっています。Threadsは、サービス提供開始からわずか5日で利用者数が1億人を突破し、アプリとして史上最速ペースで成長を続けています。

音楽活動に最適化どうかはまだ不明ですが、特にまだファンベースを獲得していない駆け出しのアーティストにとっては、チャンスがあります。

成熟したプラットフォームよりも、ローンチ直後のサービスであれば先行者優位を取れる可能性もあり、プラットフォームに合った独自の発信方法を見つけることができれば、一気にスターダムを駆け上がることが出来る可能性もあります。

プラットフォームごとの特性を理解する

SNS

SNSと一言にいっても、Twitter、Instagram、YouTube等、さまざまなプラットフォームがあり、それぞれのプラットフォームには長所と短所があります。

例えば、TikTokやInstagram Reels、YouTube Shortsは、一口サイズのビデオクリップに最適なので、新曲のティーザー、簡単な制作のヒント、ライブクリップなど、その30秒~1分の短い時間の面白いアイデアを発信することができます。

海外へ向けた発信も視野に入れている場合はSoundCloudやBandcampを検討してみてください。純粋な音楽ファンの為に音源リリースに重点を置き、そしてグッズやライブチケットの販売、制作過程のライブストリーミング、プレイリストの発信にも長けています。

もしくはこれらの特性を組み合わせることで、音楽活動の為の収益源を得ながら、潜在するファンへのリーチを広めることもできます。

1. ターゲットの特定と分析

ターゲットの特定

各種の主要SNSプラットフォームでは、フォロワーの属性や行動に関するデータを提供してくれています。

例えば、YouTube「アナリティクス」や、Instagramの「インサイト」などです。これらのツールを使って、オーディエンスの年齢層性別地域フォロワーの関心が高いジャンルやアーティストなどを把握することができます。

また、自分と近しいコンテンツ内容や、ジャンル、ターゲットオーディエンスを持つ競合SNSアカウントを分析することも効果的です。これらのデータを活用することで、より精度の高いプロモーション活動も可能になります。

魅力的なコンテンツと定期的な更新

SNSコンテンツ

SNS上でフォロワーを引きつけるためには、一貫性のある魅力的なコンテンツを発信することが重要です。例えば、バンドマンであれば、演奏動画や、音楽のプレビュー、ライブ映像、制作の舞台裏、メンバー同士のトークなど、フォロワーが興味を持つであろうバラエティ豊かなコンテンツを発信しましょう。

また、フォロワーを獲得するには定期的にコンテンツを更新することも重要な要素となります。コンテンツの計画とスケジュールを立てて、あらかじめどの日に何を投稿するかを計画し、一定の頻度でコンテンツを配信しましょう。

努力を惜しまずしっかりと取り組むことで、熱意が伝わり、フォロワーはクリエイターの定期的な発信に期待して、アカウントを注目してくれるはずです。

ミュージシャンがコンテンツクリエイターであるべき理由

SEOとハッシュタグの活用

SEOとは「検索エンジン最適化」のことで、視聴者のニーズを捉えたキーワードをタイトルや説明文に入れることで、検索による流入を見込むことができます。

ハッシュタグも同じように、自分のジャンルや発信するコンテンツに合ったキーワードを設定することで、プラットフォーム上で検索流入や、視聴者のおすすめ欄に表示されやすくなります。

例えば、バンドマンであれば自分の音楽性とマッチしているプロアーティストのカバーなどを継続してアップしていれば、そちらのファンの方に気付いてもらえる確率は格段にアップします。

また、常にトレンドとなっているハッシュタグを把握し、自身のコンテンツに関連付けて活用してみましょう。特にフォロワーが少ない頃に効果的で、トレンドに乗ることで多くの人々の目に触れやすくなります。

 ファンとコミュニケーションをとる

コミュニケーション


今までは、アーティストといえば「遠い存在の人」「近寄りがたいオーラ」「高嶺の花」みたいなイメージを持たれおり、今でもファンとコメントを交わしたりして、馴れ馴れしくするのは良くないと考えているアーティストの方達も多いかと思います。

もちろん、アーティストイメージとして一貫性を保つために必要な場合もあります。しかし、最近ではファンとSNSを使って積極的にコミュニケーションをとり、ファンとより深い関係になるように努力するアーティストも増えてきています。

また、アンケートやコメント欄、質問箱を活用し、フィードバックとして、フォロワーの意見を積極的に取り入れることで、クリエイターとファンとの間で、より強い関係性を築き上げることができます。

ミュージシャンの為のSNSマーケティングに役立つ5つのヒント

コラボレーション

コラボレーション

コラボレーションは、SNS上でクリエイターが他のクリエイターと協力し、相乗効果を生み出す戦略です。プラットフォーム側も公式的に推奨しているように、非常に強い効果が期待できます。

異なるアーティストやバンドマン同士のコラボレーションによって、新たな視点やアイデアが生まれます。自分とは違う音楽的センスとの融合により、創造力が向上し、より魅力的な音楽作品やコンテンツを生み出すことができます。

さらに、コラボレーションは相乗効果を生む可能性があります。それぞれのファンベースやオーディエンスが交わることで、新たなファン層を獲得することができます。

まとめ

SNSが主流の今、音楽クリエイターとして成功するためには、SNSを利用した効果的なプロモーション戦略は必須です。

アーティスト自身の個性を発信することを意識して、自分らしく、クリエイティブに、時には刺激的なコンテンツを投稿してみましょう。初めは中々難しいかもしれませんが、周りの意見を適度に受け止めながら、独自性のあるコンテンツを作成してみてください。

普段の音楽活動に加えて、SNSを活用した拡散力を高めるための戦略を取り入れることで、より多くの人々にあなたの音楽を届けることができるでしょう。

以上、「バンドマンの為の最新SNSマーケティング戦略」でした。


【拡散力UP!】クリエイターに役立つ5つのSNS成長戦略

音楽クリエイターの為のSNS戦略

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ12選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bo ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-BAND
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2024 All Rights Reserved.