Loopcloud Music App from Loopmasters.com

MUSIC TOPIC

安定したメロディーを作る為の基礎知識【マイナースケール編】

メロディー マイナースケール

安定したメロディーを作る為の基礎知識【マイナースケール編】

前回の安定したメロディーの作り方を徹底解説【メジャースケール編】の続きで、今回はマイナースケールにおけるメロディーの作り方についてご紹介します。

※前回の項目を理解した上での説明となるので、まだご覧になっていない方は「メジャースケール編」から読むことをおすすめします。



マイナースケールはメジャースケールのように1つのスケールだけではなく、ナチュラルマイナースケール、ハーモニックマイナースケール、メロディックマイナースケールの3つのスケールパターンがあります。

今回はなぜマイナーには3つのスケールが存在するのか?ということも絡めつつ、メロディーの作り方を解説していきます。

マイナースケール

前回もお話しましたが、メジャースケールは「全-全-半-全-全-全-半」という音の並びで出来上がるスケールでしたが、このメジャースケールと同じく代表的なもう一つのスケールが「マイナースケール」です。

マイナースケールでは1音目から「全-半-全-全-半-全-全」 の並びになり、Cメジャースケールの第6音である「A」からスタートする音階となっています。

マイナースケール

つまりCメジャースケールとAマイナースケールは同じ構成音から成り立つ音階ということになります。このような関係性を持つキーを「平行調」と言います。

そして、下の画像は「同主調」となるCメジャースケールとCマイナースケールをそれぞれピアノロール上で表したものですが、メジャーとマイナーの違いは第3音、第6音、第7音がそれぞれ半音低くなっていることがわかります。

メジャーとマイナー


特に第3音目が半音か全音かはメジャーかマイナーかを判断する重要な音になっており、コードにおいても第3音目が短か長かでメジャーコードかマイナーコードかを区別することができます。

マイナースケールの構成音

メジャーと同じように、マイナースケールの各構成音にも名称がつけられており、ほとんどメジャースケールの場合と同じ名前が付いていますが、第7音目が第1音目との差が全音になっていることで「導音」の役割を持たず「下主音」という名称になります。

マイナースケールの構成音


実際の曲を使った例

実際にマイナースケールのメロディーが使用されている「一週間」をみていきましょう。


この楽曲にはCメジャースケールとまったく同じ音が使われていますが、Aで始まりAで終わることから主音はAだと感じ取ることができます。

このように「同じ構成音であってもどの音を中心として捉えるかで、調性が変化する」ということが音楽においては非常に重要です。

このメロディーの中の「D」は上行して属音へと進みたがる傾向と、下行して中音へと進む傾向の両方の特性が現れています。

同じように不安定な「B」は安定的な音である中音「C」と一番最後の主音「A」に解決している流れです。

メジャーとマイナーは表裏一体

メジャーかマイナーを決定する要素は後ろのコードなどの他の要素によっても決まりますが、例えば先ほどの「一週間」をメロディーラインだけで判断するとするなら、はじまりと終わりの音をCに変化させるとCメジャーキーの楽曲にも聴こえます。

1音目と最後の音を「C」に変更した「一週間」


さすがに有名な曲だけあって、原曲のイメージが強すぎるのでメジャースケールをイメージしづらいかもしれませんが、これがもし生まれてはじめて聴くメロディーだった場合は「メジャーキー」と判断するのが普通だと思います。

このように同じ構成音を持つ同主調であれば、メジャーキーとマイナーキーは表裏一体の関係となり、メジャーとマイナーを判断するにはどの音を主音として捉えるかによって決まります。

ハーモニックマイナースケール

冒頭にも言いましたが、マイナースケールには「ナチュラルマイナー」「ハーモニックマイナー」「メロディックマイナー」の3種類が存在します。

そして先ほどまでお話していた「ナチュラルマイナースケール」には主音に導くための「導音」が含まれていません。

メジャースケールでは導音から主音へ進行するときの緊張と緩和を演出することができますが、導音を持たないナチュラルマイナースケールではこういった解放感と調性が感じ取りにくいと言えます。

このナチュラルマイナーのデメリットを解決するために第7音を半音高くしたハーモニックマイナースケール」が存在します。

ハーモニックマイナースケール

このように第7音を半音上げることにより、マイナースケールであってもドミナントからトニックへの強い進行感のあるコードやメロディーを作成することができるようになります。

とくにマイナーダイアトニックコードではドミナントコードとしてⅤmよりもⅤ7(キーAmならE7)が使用されることのほうが一般的なので、覚えておきましょう。

メロディックマイナースケール

導音を作ることでコードやメロディーに解放感を与えることができたハーモニックマイナースケールですが、第7音を半音上げたことによって、6音目と7音目の間に1音半の距離が生まれてしまいます。

このような増2度音程を含むメロディーは非常に歌いにくいとされているので、この問題を解決する為にも6音目を半音上げた「メロディックマイナースケール」が存在します。

メロディックマイナースケール

このようにメロディックマイナースケールは6音目と7音目を半音上げているため、同主調のメジャースケールと非常に近い構成音になります。

メジャースケールとメロディックマイナースケールの違いは第3音目だけなので、メジャーとマイナーの違いが曖昧になってしまう可能性があります。

実際に使用する場合には、メロディーが上行する場合にはメロディックマイナースケールが用いられ、下行する場合にはナチュラルマイナースケールを使用するという形が多くの楽曲で見られます。

まとめ

メジャー編とマイナー編に分けて安定したメロディーの作り方についてお話しました。

メジャースケールやマイナースケールの第一音目を主音とするばかりではないので、あくまで基礎的な知識として覚えておくと便利です。

ジャンルによっては調性をあいまいにしたり、第3音を省略することでメジャーとマイナー両方使えるような楽曲も多くあるので、自分なりに分析しながら幅広いメロディー作成を試してみてください。

以上、「安定したメロディーを作る為の基礎知識【マイナースケール編】」でした。


人気の作曲支援ツール「Scaler 2」を実際に使ってみた

【2021年最新】ボーカルVSTプラグインおすすめ5選


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-MUSIC TOPIC
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.