GUITAR MUSIC TOPIC

ハーモニックマイナースケール攻略【スケールの使い方も解説】

ハーモニックマイナースケールの使い方

ハーモニックマイナースケール攻略【スケールの使い方も解説】

ハーモニックマイナースケールはメタル、ネオクラシック、ジャズ等の音楽ジャンルでよく使われるマイナースケールの一種です。

ロックギタリスト達はマイナーペンタトニックやナチュラルマイナーのシンプルなサウンドに、少し中東的な要素を取り入れたい時に使用します。

今回はハーモニックマイナースケールに焦点を当ててお話します。

ハーモニックマイナースケールの構成音

ハーモニックマイナースケールは「1-2-3♭-4-5-6♭-7」の7つのノートが含まれていて、Cメジャースケールに置き換えると「C-D-E♭-F-G-A♭-B」となります。

ナチュラルマイナースケールと比べると7度の音が半音上がっていることによって、A♭~Bの1度半音程差が生まれていることが特徴です。


1度半音程を取り入れることで、ネオクラシック感が演出できます。

有名所だとマーティーフリードマンのような速弾き系ギタリストがソロに取り入れたことで、メタルの速弾き=ハーモニックマイナースケールといった印象を持っている方も多いと思います。

ハーモニックマイナーのダイアトニックコード

メジャースケールと同じようにハーモニックマイナースケールからもダイアトニックコードを作ることができます。

スケールの各ノートの上に3度と5度の音を積み上げることで、ソロのバッキングに使用できるコードとして活用できます。

3和音のハーモニックマイナーコード

Ⅰm-Ⅱdim-Ⅲaug-Ⅳm-Ⅴ-Ⅵ-Ⅶ#dim

Aマイナーキーの場合

Am-Bdim-Caug-Dm-E-F-G#dim」の7つのコード。

3和音Aハーモニックマイナーコード


4和音のハーモニックマイナーコード

ⅠmM7-Ⅱm7♭5-ⅢM7#5-Ⅳm7-Ⅴ7-ⅥM7-Ⅶ#dim7

Aマイナーキーのトライアドコードに7thノートを追加した4和音コード。

AmM7-Bm7♭5-CM7#5-Dm7-E7-FM7-G#dim7

4和音のハーモニックマイナーコード
4和音Aハーモニックマイナーコード


一般的なメインストリームのポップスやロックで使用されることは少ないですが、Am-Dm-E7のような進行で登場することもあります。

ジャズではBm7♭5-E7-Amとして使用されます。

ハーモニックマイナースケールの使い方

ハーモニックマイナースケールの使い方


ハーモニックマイナースケールは基本的にはマイナーコード上で使うことができるので、Aマイナーキーの場合はAハーモニックマイナースケールが、Eマイナーキーの場合はEハーモニックマイナースケールを使用することができます。

ドミナントセブンス

ケーデンスにおけるドミナントセブンス(Ⅴ7)でもハーモニックマイナースケールを使うことができます。

Aマイナーキーの場合は5番目の7thコードなので、E7コードです。

逆にコードに対してスケールを考える場合、例えばG7上でハーモニックマイナースケールを使いたい場合には、Cハーモニックマイナースケールを適用できることになります。(Cから数えてG7は5番目の7thコード)


難しい場合は感覚的にコードが終わりに向かう部分に使えると考えると分かりやすいです。


以上、「ハーモニックマイナースケールとは?スケールの使い方も解説」でした。


マイナーペンタトニックスケール攻略【簡単な覚え方とアレンジについて】

代理コードを使ってアレンジ【作曲に役立つ音楽理論】


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-GUITAR, MUSIC TOPIC
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.