ギター関連

RADWIMPS(ラッドウィンプス)-トレモロ【TAB譜付き】ギターの弾き方を解説

2020年7月21日

radwimps - トレモロ


RADWIMPS(ラッドウィンプス)-トレモロ【TAB譜付き】ギターの弾き方を解説


RADWIMPS - トレモロ【TAB譜付き】ギター奏法解説です。

YouTube動画解説もあるので、あわせてご覧ください。


・チューニング : レギュラーチューニング(EADGBE)
・BPM : 196

難易度はそこまで高くなく、イントロのアルペジオ、オールインのリード、サビなど全体的にメロディックでカッコいいギターフレーズが多いので初心者の方にもおすすめの楽曲です。


イントロ(アルペジオ)


イントロのクリーンのアルペジオ部分です。

2弦1フレットに人差し指を固定してペダルトーンを移動させるパターンです。


3小節目の6弦1フレットを親指で押さえるのが少し難しいですが、左手を返して握りこむようにして押さえましょう。


イントロ(リード)


この楽曲の顔となるメインのリードフレーズです。
楽曲内で何回か出てくるのでここでしっかり習得しておきましょう。

チョーキング部分をしっかりと1音上げるようにするのと、チョップ気味にするとカッコよくなります。


ハイフレットの高音弦を使うフレーズなので、ペラペラな音になってしまわないように最適な歪み量とミドルをブーストしたサウンドメイクをすることも重要です。


Aメロ


パワーコードを使ったブリッジミュートの刻みです。

すべてダウンピッキングで弾ききるのですが、BPMが196と速いので手首の力を抜いて、スナップを利かせて弾かないとすぐにバテてしまいます。


サビ(リード)


頭の1,2弦を使ったフレーズは右手でしっかりミュートをして休符を意識しましょう。


最後の部分は3弦12フレットに人差し指を置きながらトップノートだけを動かすフレーズで、不要な弦は指のお腹などでしっかりミュートするとクリアな響きになります。

間奏(リード)


基本的にはサビのリードフレーズと似ていますが、後半が変化しています。

少しバタつきやすいので、クリックを鳴らしてリズムキープを意識しながら弾くと、一音一音が滑らかになります。


最後の1弦15フレットを押さえながら2弦15フレットだけをチョーキングするポイントが少し難関ですが、キメのカッコいい部分なので、左手の弦移動がスムーズにできるようになるまで部分的に繰り返し練習しましょう。



以上、RADWIMPS - トレモロ【TAB譜付き】ギター奏法解説でした。

↓↓↓今回の譜面で弾いたフルカバー動画です↓↓↓



ONE OK ROCK - 未完成交響曲【TAB譜&音作り付き】ギター奏法解説

ヨルシカ - 思想犯【TAB譜付き】ギター奏法解説

人気記事

1

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

2

はじめてのギターエフェクター【最初に買うべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材ではあ ...

3

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

4

【Trap】トラップビートの作り方!簡単な5つのステップ【HipHop】 これからビートメイクを始める方に向けて、簡単なトラップビート制作の流れをご紹介します。数ある音楽ジャンルの中でも、非常にシンプ ...

5

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

-ギター関連
-, , ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.