Trivision Studio

ギタリストやDTMerに役立つ音楽情報を幅広く発信中。音作りや作曲等、主にクリエイターの方に向けたブログ。

DTM関連

【Sylenth1】すぐ使える!おすすめファクトリープリセット

投稿日:2020年1月12日 更新日:


【Sylenth1】すぐ使える!おすすめファクトリープリセット


シンセサイザー購入後にまず気になるのが、音質音色ですよね。


今回ご紹介する、ベストセラーシンセサイザー「Sylenth1」には3000以上ものファクトリープリセット(開発側があらかじめ用意してくれている音色データ)が用意されています。

種類が多いのは嬉しいのですが、実際のところ選べる音色が多すぎて、音色選びにかなりの時間を削られるし、仮に良い感じの音が見つかっても

「いや、もっと探せばこれより良い音があるかもしれない・・・」

追加のプリセットを購入すればもっと良い音があるかも・・・」




終わらない音色探しの旅の始まりです。


※筆者自身も実際にSylenth1購入後にこの地獄のループに陥りました。。。



とはいえ、シンセサイザーの音色選びは非常に重要であることは間違いないです。

音色選びの時間を短縮、追加プリセットを購入して無駄に出費しない為にも、今回は筆者が3000のプリセットを実際に聴いてみて感じた「これは使える音」をいくつか紹介します。

※Sylenth1の使い方が分からない方はまずは【Sylenth1】シンセサイザーの基本的な使い方 をご覧ください。



Factory Bank 1


※スマホの場合、音声ファイルエラーが出ます。



027:KEY BigSynth

064:LD Orange X

160:HOV ScreamHover

172:KEY Woop

179:LD CrushOnYou

220:BS TubeBass

290:LD Pulse Screamer

299:LD Super Saw

324:BS Deep Sub



Factory Bank 2

005:BASS Electro

013:LEAD Galaxee

425:LD FunnyPet




Factory Bank 3

013:clavielectro lead

024:initbass

054:stroboscope

055:wire murder

065:choir stab

071:junhoove

086:silver lead

103:stab pad

107:wind break

118:speakers key

239:PLK Crushed Pluck SA

241:PLK Dreamy SA

245:PLK NordLead2 – Pluck SA




Factory Bank 4

005:ARP Drive Me Crazy

028:BS Alto

053:JV2080 Orchestral Exp Pad

062:KEY Ice Stab

069:LD BromBox

248:KEY Crystal Xylo

368:ARP Ambient ChoirPluck

372:ARP Everything Begins With a C




Factory Bank 5

008:HOVFunkende beat SYNERGY 【EGB】

063:BS Gritt【AOKI】

067:BS Roar【AOKI】

070:DR Aokick【AOKI】

077:LD Heaven on Earth【AOKI】

097:BS Sub Bass【FTAMPA】

101:LD Lead 01【FTAMPA】

155:BS Not Going Home【ARMIN】

163:LD Dist Fat!【ARMIN】

363:BA Panisher【7 SKIES】

375:LD Satellite【7 SKIES】

376:LD Se73n Ski35【7 SKIES】

390:Duck Eat Duck【BCL】

396:Oldstyle Tek Arp【BCL】

404:Studium Chords【BCL】

495:LD Mono Square【MG】



Factory Bank 6

145:BS Nerve Racking DS

267:ARP InterSteller




以上、【Sylenth1】すぐ使える!おすすめファクトリープリセットでした。


数が膨大なので、結構厳選しました。
3000以上も聴いてると割と客観的に聴くのが難しくなってくるので、自分好み感が否めないですが、参考になれば幸いです。


Factory Bank 3と5が割と癖も少なく、実用的なサウンドが多いと思います。


シンセコード作成時のテクニック【EDM】

【DTM】SuperSawサウンドの作成方法


-DTM関連
-, ,

執筆者:

関連記事

【これからDTMを始める方へ】お金をかけるべき5つのプラグインエフェクト

DTMを始めたけど、プラグインの数が多くて迷いますよね。しかも安価なものでもないので、購入できる数にも限度があるかと思います。そこで、ここにお金をかけるべき!というプラグインエフェクトを5つに絞ってご …

ダイアトニックコードとは?【作曲に役立つ音楽理論】

ダイアトニックコードとは?【作曲に役立つ音楽理論】 今回は作曲する上では欠かせない、ダイアトニックコードについてお話します。 ダイアトニックコードとは、キー内のダイアトニックスケールの音から成り立つ7 …

808ベースのミキシングテクニック【Hip-hop, Trap】

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ …

Plugin Boutiqueでの買い方をわかりやすく解説

Plugin Boutiqueでの買い方をわかりやすく解説 海外のプラグイン販売サイトの「Plugin Boutique」ってDTMerにとってめっちゃくちゃ便利なサイトだけど、英語サイトっていうのと …

edm DJ

新時代到来?ビートリーシングビジネスについて

ビートリーシングビジネスについて 2017年頃から世界の音楽はHip-hop一色に染まりました。新しいシーンが来ると新しいビジネスが生まれ、今回はその中のビートリーシングビジネスについて説明していきま …