DTM関連

【DTM】SuperSawサウンドの作成方法

2019年12月10日


SuperSawサウンドの作成方法


EDMプロダクションで非常に使用頻度の高い、SuperSawと呼ばれるシンセサイザーの波形の一種。

1997年にRoland社から発売されたシンセサイザー「JP-8000」に搭載されていた波形が始まりで、それに似たサウンドのことを総じてSuperSawと呼ぶようになりました。

具体的な定義は決まっていませんが「4つ以上のユニゾンかつデチューンされたSaw波形を組み合わせたもの」がSuperSawと呼ばれる傾向があります。


こんな感じのサウンドです。

SuperSaw



どのシンセサイザーでも作れるのですが、今回は「SERUM」を使用して解説していきます。


発声数を4以上にする


シンセサイザーを立ち上げてSAW波形を選択します。

SERUMの場合、デフォルトでSAW波形が選択されているので、そのまま使用します。


発声数を上げる方法はシンセサイザーによって多少異なるのですが、大抵の場合「UNISON」や「VOICES」という表記になっていると思うので、

Sylenth1の画像
serumの画像


ここの数値を4以上に設定します。


今回は「8」でいきます。


デチューン


続いてデチューン機能で音に厚みを加えます。

Detune(デチューン)とはシンセサイザーが持っている機能の一つで、複数のオシレーターのチューニングを微妙にずらす事を言う。 複数のオシレーターを互いにデチューンさせる事で音にうねりが発生し、厚みのある音を作る事ができる。



デチューンのつまみを大体11時方向ぐらいまで回します。


回しすぎると不協和音に似た気持ち悪い揺らぎになるのでやりすぎに注意してください。


serum detuneの画像


これでEDM系のコード等でよく使われるサウンドになります。


もっと音圧が欲しいので音を重ねます。



1オクターブ上のオシレーターを追加


複数のオシレーターが付いているシンセサイザーの場合、1オクターブ上に設定したオシレーターをもう一つ追加します。


こうすることでさらに壮大な雰囲気を演出できます。


SERUMの場合はオシレーターのコピー機能があるので使いましょう。

serum copyの画像



続いてオクターブを1つ上げます。


serumオクターブの画像



デチューンはオシレーター1より更にちょっとズラすのがポイントです。

これもやりすぎには注意してください。


あとはお好みに合わせてコンプやリバーブ等で音を整えれば

SuperSaw」サウンドの完成です。



【SERUM】シンセサイザーの基本的な使い方

【Sylenth1】シンセサイザーの基本的な使い方


人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-DTM関連
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.