DTM関連 音楽トピック

【伝説のドラムマシン】Roland「TR-808」発売40周年記念!

2020年8月8日

TR-808 40周年記念


【伝説のドラムマシン】Roland「TR-808」発売40周年記念!


日本が世界に誇るドラムマシン「TR-808」が発売から40周年がたちました。

それを記念し、RolandはTR-808をRoland Cloudプラグインスイートで利用できるようにし、8月31日まで無料トライアルを提供しています。

新しいパッチコレクションも含まれており、TR-808 Dark Techno Raw LoopsTechno808。これを利用するには、無料のRolandアカウントにサインアップする必要があります。


また、RolandによるビートメイクアプリZenbeatsにも、2つの新しいサウンドパックが登場します。
「808」は、70のオーディオループ、3つのSampleプリセット、1つのフル808キット、5つのパターンを含むパックが期間限定で無料提供されます。

tr-808 studio


日本が世界に誇るサウンド

tr-808


TR-808は3年間しか生産されていないにもかかわらず、過去40年間に数多くのジャンルやアーティストに影響を与えてきました。

40年前の1980年に生産された機材ですが、現在でも世界トップチャートの多くの楽曲に使用されており、世界で最も使用されている音源サンプルとしても有名です。


Roland「TR-808」の歴史

tr-808 history


Roland TR-808は、正式に2年間(1980~1982)製造されました。
約12,000台が製造され、日本のイエローマジックオーケストラなどの早期導入者からのサポートを受けましたが、商業的な成功とは見なされませんでした。

1982年に競合他社のLinnDrumが発売され、アナログからデジタルサンプルベースのドラムマシンへとトレンドがシフトしました。TR-808はその時が過ぎ去ったかのように見え始めましたが、終焉はほんの始まりにすぎませんでした。

TR-808が廃止されると、TR-808本体が中古店に流れていき、リスクテイクとルールブレイクを好む若いアーティストが飛びつきました。
80年代半ばになると、808サウンドは電子音楽シーンに深く埋め込まれるようになりました。

それから徐々に808を使った音楽は世界中のパーティーを愛する人々に刺さりました。シカゴからデトロイト、マンチェスターからマイアミまで、そして現在に至るまで多くのアーティストにも愛され続けています。

エレクトロ、ポップ、ソウル、ヒップホップ、テクノ、ハウス、トラップ、マイアミベースなど。
TR-808は、長年にわたっていくつかの本当に驚くべきトラックの中心にあり、同様に異常なほど多様な音楽ジャンルに使用されています。


40年間に渡り、808が使用されたいくつかの楽曲のプレイリストです。


40年前の日本の技術力が、今もなお世界中の音楽に貢献しているのは誇らしいですね。
Roland 公式サイト


808ベースのミキシングテクニック【Hip-hop, Trap】

【Trap】トラップビートの作り方!簡単な5つのステップ【HipHop】

人気記事

1

人気おすすめVSTプラグインソフト5選【DTM初心者】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の大手プラグインサイト「Plugin Bou ...

2

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

3

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

4

【Trap】トラップビートの作り方!簡単な5つのステップ【HipHop】 これからビートメイクを始める方に向けて、簡単なトラップビート制作の流れをご紹介します。数ある音楽ジャンルの中でも、非常にシンプ ...

5

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

-DTM関連, 音楽トピック
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.