Trivision Studio

ギターやDTMを中心に音楽情報を幅広く発信中。音作りや作曲等、主にクリエイターの方に向けたブログ内容です。

DTM関連

【DTM】ボーカルチョップ,カットアップの作り方【FL Studio】

投稿日:2019年10月30日 更新日:

【DTM】ボーカルチョップ,カットアップの作り方について

個人のDTMerやトラックメイカーにとってハードルが高いのが、歌入れの際のボーカリストを見つけることだと思います。


知り合いに上手いボーカリストがいたり、海外にVocalizrというプロデューサーとシンガーのマッチングサイトもあるので、そちらを利用したりして歌入れの依頼をするのもいいのですが。


なにかとやり取りがおっくうだったり、自分のイメージに沿うボーカリストを探す手間というのもあり、すごく大変だったりします。


ここで非常に便利なのが今回紹介するボーカルチョップやカットアップという技術です。
具体的には既存のボーカリストの歌を上手く切り刻んで再び並び替えたり、ピッチを変えたりして新たに構築するテクニックです。


こういうやつです↓



今回はそのボーカルチョップ、カットアップのテクニックについて詳しく説明いたします。

ボーカルサンプルの準備



まずは良質なボーカルサンプルが必要となります。

Spliceや有料サンプルパックに同封されていたり、無料のアカペラデータを配布しているサイトLoopermanもあります。が、なるべく有料のものをおすすめします。


ここでのデータの音質クオリティが非常に重要で、音質が悪いものはいくら加工しても良くはなりません。


では、具体的なボーカルチョップのやり方なのですが。



まずサンプルを入手したら、その中から使いたいサンプルをトラックに並べます。

バラバラのオーディオファイルを

一度ファイルを書き出してレンダリング(新たに一つのオーディオファイルとして生成)します。レンダリングできたら下準備は完了です。

レンダリングして一つにまとめます。



カットアップ作業


続いてカットアップ作業ですが、FL Studioの場合これをSlicexに入れます。




Slicexに入れたら、真ん中の旗マークをクリックして「Detect pitch regions」を選択します。



そうするとこのように



ピッチに合わせて自動でカットしてくれるので、非常に便利です。

ちなみに右クリックでカットしたデータを個別に聴けます。

音程の調整


ピアノロールを使ってカットしたサンプルを並べていくのですが、今の状態だと音程がバラバラです。絶対音感があるのならいいですが、それでも作曲中の曲に合わせて一つ一つ音程を調整していくのは大変です。

そこでPitcherのオートチューン機能Slicexの音程表示機能(先ほどのDetect pitch regions機能です。)を使います。


Slicexをミキサートラックに挿し込み、エフェクトからPitcherを開いて楽曲のキーを設定します。



カットサンプルの配置


ここから実際にカットしたサンプルを並べていくのですが、この作業に正解はなく作り手のセンスが問われる部分です。初めはピッチを上下に調整しながら(オートチューンを使っているので音が外れるということはありません)トライ&エラーの繰り返しの作業です。

ピアノロールを使ってカットした声を並べていきます。


さらに詳しく知りたい方は動画も用意したのでご覧ください。



まとめ

このボーカルチョップのテクニックはボーカルの代わりを担うパートを作る作業なので非常に重要です。


慣れないうちはアレンジの自由度が高過ぎて正解が分からなくなったり、こんを詰めすぎて作業に途方もない時間を費やしてしまったりとなかなか上手くいかないとは思いますが、徐々ににコツが分かってくると思います。

特にプロとして第一線で活躍してるプロデューサーの人達はこの辺のセンスがずば抜けているので、とにかくいろんな曲を聴いて勉強するのが良いと思います。

-DTM関連
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SERUM】シンセサイザーの基本的な使い方

シンセサイザー「SERUM」の基本的な使い方について SERUMは2014年に発売され、数々のアーティスト達が使用するシンセサイザーで、音圧がありながらも、とてもクリアで近代的なサウンドです。今回はそ …

パンチのあるキックドラム

【DTM】パンチのあるキックドラムの音作り【EDM】

パンチのあるキックの音作りについて。 海外のダンスミュージックやHiphop,Trapといったジャンルにおいては、ボーカルよりも重要な役割を担います。 EDM等のデジタルミュージックにおいて、キックは …

【DTM】EDM海外プロデューサーが使っているシンセコード作成時のテクニック

海外プロが使っているコードのボイシングテクニックを紹介します。 シンセサイザーを使ってコードを作る時に、「もっと映画みたいに壮大な感じにしたい」「音圧がもっと欲しい」等の悩みが出てくると思います。今回 …

【Sylenth1】シンセサイザーの基本的な使い方

シンセサイザー「Sylenth1」の基本的な使い方について 2007年発売の「Sylenth1」は発売から12年経った今でも根強いファンが多く、ベストセラーシンセサイザーとして多くのクリエイターに使用 …

【これからDTMを始める方へ】お金をかけるべき5つのプラグインエフェクト

DTMを始めたけど、プラグインの数が多くて迷いますよね。しかも安価なものでもないので、購入できる数にも限度があるかと思います。そこで、ここにお金をかけるべき!というプラグインエフェクトを5つに絞ってご …