Trivision Studio

ギターやDTMを中心に音楽情報を幅広く発信中。音作りや作曲等、主にクリエイターの方に向けたブログ。

DTM関連

ボーカルチョップ,カットアップの作り方【FL Studio】

投稿日:2019年10月30日 更新日:


【DTM】ボーカルチョップ,カットアップの作り方について


個人のDTMerやトラックメイカーにとってハードルが高いのが、歌入れの際のボーカリストを見つけることだと思います。


知り合いに上手いボーカリストがいたり、海外にVocalizrというプロデューサーとシンガーのマッチングサイトもあるので、そちらを利用したりして歌入れの依頼をするのもいいのですが。


なにかとやり取りがおっくうだったり、自分のイメージに沿うボーカリストを探す手間というのもあり、すごく大変だったりします。


ここで非常に便利なのが今回紹介するボーカルチョップやカットアップという技術です。
具体的には既存のボーカリストの歌を上手く切り刻んで再び並び替えたり、ピッチを変えたりして新たに構築するテクニックです。


こういうやつです↓



今回はそのボーカルチョップ、カットアップのテクニックについて詳しく説明いたします。

ボーカルサンプルの準備



まずは良質なボーカルサンプルが必要となります。

Spliceや有料サンプルパックに同封されていたり、無料のアカペラデータを配布しているサイトLoopermanもあります。が、なるべく有料のものをおすすめします。


ここでのデータの音質クオリティが非常に重要で、音質が悪いものはいくら加工しても良くはなりません。


では、具体的なボーカルチョップのやり方なのですが。



まずサンプルを入手したら、その中から使いたいサンプルをトラックに並べます。

バラバラのオーディオファイルを

一度ファイルを書き出してレンダリング(新たに一つのオーディオファイルとして生成)します。レンダリングできたら下準備は完了です。

レンダリングして一つにまとめます。



カットアップ作業


続いてカットアップ作業ですが、FL Studioの場合これをSlicexに入れます。




Slicexに入れたら、真ん中の旗マークをクリックして「Detect pitch regions」を選択します。



そうするとこのように



ピッチに合わせて自動でカットしてくれるので、非常に便利です。

ちなみに右クリックでカットしたデータを個別に聴けます。

音程の調整


ピアノロールを使ってカットしたサンプルを並べていくのですが、今の状態だと音程がバラバラです。絶対音感があるのならいいですが、それでも作曲中の曲に合わせて一つ一つ音程を調整していくのは大変です。

そこでPitcherのオートチューン機能Slicexの音程表示機能(先ほどのDetect pitch regions機能です。)を使います。


Slicexをミキサートラックに挿し込み、エフェクトからPitcherを開いて楽曲のキーを設定します。



カットサンプルの配置


ここから実際にカットしたサンプルを並べていくのですが、この作業に正解はなく作り手のセンスが問われる部分です。初めはピッチを上下に調整しながら(オートチューンを使っているので音が外れるということはありません)トライ&エラーの繰り返しの作業です。

ピアノロールを使ってカットした声を並べていきます。


さらに詳しく知りたい方は動画も用意したのでご覧ください。



まとめ

このボーカルチョップのテクニックはボーカルの代わりを担うパートを作る作業なので非常に重要です。


慣れないうちはアレンジの自由度が高過ぎて正解が分からなくなったり、こんを詰めすぎて作業に途方もない時間を費やしてしまったりとなかなか上手くいかないとは思いますが、徐々ににコツが分かってくると思います。

特にプロとして第一線で活躍してるプロデューサーの人達はこの辺のセンスがずば抜けているので、とにかくいろんな曲を聴いて勉強するのが良いと思います。


【DTM】ノリを出すハイハットの音作り【Hiphop,Trap】

【DTM】EDM海外プロデューサーが使っているシンセコード作成時のテクニック


-DTM関連
-, ,

執筆者:

関連記事

キーの正しい決め方【作曲に役立つ音楽理論】

キーの正しい決め方【作曲に役立つ音楽理論】 今回はキー(調)についてお話します。音楽をしていると必ず出てくるのがキーという概念です。「音を高くしたり低くしたりすることでしょ?」では、作曲をするときにど …

初心者のための人気「無料」作曲ソフト(DAW)5選!

【DTM】初心者のための人気無料作曲ソフト(DAW)を5つ紹介します。 「これから作曲を始めようと思っているんだけれども、いきなり有料版は・・・まずは無料版を試してみたい!」と思っている方に向けて、今 …

FL Keys使うのは今すぐやめたほうがいいです。

FL Keys使うのは今すぐやめたほうがいいです。 FL Studioユーザーのみなさん。ピアノ音源使うときに付属の「FL Keys」使ってませんか? 筆者自身もHip-hop系を作る時に、あえてのデ …

Fruity parametric EQ 2

【FL Studio】Fruity Parametric EQ 2の使い方

【FL Studio】Fruity Parametric EQ 2の使い方 EQとは制作において欠かせない存在のエフェクトで、特定の周波数帯域をカットしたりブーストしたりする装置です。各楽器の不要な部 …

【Sylenth1】シンセサイザーの基本的な使い方

シンセサイザー「Sylenth1」の基本的な使い方について 2007年発売の「Sylenth1」は発売から12年経った今でも根強いファンが多く、ベストセラーシンセサイザーとして多くのクリエイターに使用 …