DTM関連

Waves製品「MaxxVolume」が無料配布中!音量最適化ツール

2020年8月16日

Waves「MaxxVolume」


Waves製品「MaxxVolume」が無料配布中!音量最適化ツール


L2 Ultramaxmizerのアルゴリズムを基盤に、C1 Parametric Compander、Renaissance Vox、Renaissance Compressorのダイナミクス・テクノロジーを統合した、驚異的なプラグインである「MaxxVolume」

今回こちらの製品が期間限定で無料配布されています。
通常価格¥21,000の製品なのでこのチャンスに是非ともゲットしておきたいところ。


オールインワン・ダイナミクスプロセッサー


MaxxVolumeは、音量調節に必要なダイナミクス・プロセスを実行します。

Wavesの定評あるL2 Ultramaximizer™、C1 Parametric Compander、Renaissance Vox、Renaissance Compressorのテクノロジーを組み合わせたMaxxVolumeは、ミキシングやマスタリングだけでなく、放送やポストプロダクションにも理想的で、ボイスオーバー、ボーカル、インストゥルメンタル・トラックにも最適です。

「音量が小さいところ」「音量が大きいところ」それぞれにスレッショルドとゲインが独立してが装備されており、音量の大きなところには何もせず、小さなところだけを持ち上げるということが可能。


今までは大きな部分をコンプレッサーで潰して全体をゲインアップすることで、ダイナミクスのコントロールをしていましたが、MaxxVolumeは小さい部分のみにフォーカスして処理ができます。


特徴

  • 高レベルコンプレッション
  • 低レベルコンプレッション
  • ゲート
  • レベリング(オートゲインコントロール)
  • 倍精度ビット解像度処理
  • Mono/Stereoコンポーネント




高性能コンプレッサープラグインソフトおすすめ 5選【DTM】

【2020年最新】無料で使えるフリーVSTエフェクトプラグインソフト 6選

人気記事

1

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

2

人気おすすめVSTプラグインソフト5選【DTM初心者】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の大手プラグインサイト「Plugin Bou ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-DTM関連
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.