音楽トピック

「夜に駆ける」に続き「たぶん」もブレイク必須?突如現れたアーティストYOASOBI(ヨアソビ)の正体とは?

yoasobiの画像


「夜に駆ける」に続き「たぶん」もブレイク必須?突如現れたアーティストYOASOBI(ヨアソビ)の正体とは?


ヨルシカ、ずっと真夜中でいいのに。「夜」が大ブームの今、2020年に入り突如として現れたアーティスト「YOASOBI」

人気楽曲である「夜に駆ける」は2019年11月に公開されてから、現在YouTube上では3600万再生を超える大ヒットを飛ばしています。


多くのアーティストやタレントがカバーし、未だに勢いは衰えることのないまま、新曲「たぶん」のティーザー映像も公開されました。

スマホ、PCブラウザ上だと360度映像となっており、小説の語りとアニメーションでYOASOBIの世界感が味わえる仕様となっています。


今回はそんな飛ぶ鳥を落とす勢いのYOASOBIの正体に迫りたいと思います。


YOASOBIとは?

yoasobiとは?の画像


YOASOBI(ヨアソビ)はボカロPとして活動していた「Ayase」とシンガーソングライターの「ikura」(幾田んりら)の二人組による音楽ユニットです。

ソニーミュージックが運営する小説投稿サイトmonogatary.com主催コンテスト<モノコン2019>ソニーミュージック賞の大賞作品を楽曲化するユニットとしてYOASOBIは誕生しました。


monogatary.comに投稿された小説を原作として作曲しているのがYOASOBIの最大の特徴でもあります。


YOASOBIの歴史


2019年11月に星野舞夜の小説である「タナトスの誘惑」を原作とした「夜に駆ける」のミュージックビデオを公開しました。

その後、各種SNS、YouTube、TikTokを中心に話題となり、Spotify、Apple Musicのストリーミングのランキングでも1位を総なめにし、人気に火が付く。

グローバルランキングでも最高6位をマークするなど、エレクトロ要素を含んだ楽曲とトレンドを意識したミックスで海外からの注目も集めている。


2020年4月にはデジタル新時代のエナジードリンクとして注目を集めた「ZONe」とのコラボ企画や、5月にはYouTubeの人気チャンネル「THE FIRST TAKE」で夜に駆けるのオリジナルアレンジverを披露し、再び注目を集めました。(自粛期間のためTHE HOME TAKEとして自宅からの一発録り映像)


ボーカルである「ikura」が登場しており、現在再生回数2400万回を突破しています。

6月には雑誌にてアーティスト写真が公開され、二人の顔写真が正式に公開されました。


7月に4thシングルとなる「たぶん」の予告映像も公開され、これからの活動にますます期待が高まります。

たぶんジャケの画像


YOASOBI「たぶん」
リリース日:2020年7月20日(月)

music:Ayase(https://twitter.com/Ayase_0404)
vocal:ikura(https://twitter.com/ikutalilas)
movie:南條沙歩(https://twitter.com/south_jyooo)
Twitter:https://twitter.com/YOASOBI_staff
原作小説 「たぶん」(しなの 著) https://monogatary.com/story/48324

YOASOBI オフィシャルサイトはこちら


エレキギター初心者の頃に必ずやっておくべき5つの練習項目

ヒップホップ、トラップで使われるハイハットの作り方【HipHop,Trap,Hihat】

人気記事

1

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

2

人気おすすめVSTプラグインソフト5選【DTM初心者】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の大手プラグインサイト「Plugin Bou ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-音楽トピック
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.