MUSIC TOPIC

YouTubeショートのアルゴリズムについて。YouTube技術チームの回答まとめ

youtube ショート

YouTubeショートのアルゴリズムについて。YouTube技術チームの回答まとめ

YouTubeがクリエイターからのよくある質問に答える動画で、YouTubeショートのおすすめ動画が選ばれるアルゴリズムがどのように機能するかを答えてくれています。

YouTubeの中の人がショート動画コンテンツで認知度を高めることに関して、クリエイターが抱く疑問のいくつかに返答するQ&Aビデオからの抜粋です。

YouTube通常尺の動画に対してのアルゴリズムがどのように機能しているかについては、ある程度の情報は公開されていますが、ショート動画のアルゴリズムについては現在ではほとんどわかっていません。

ただし、他のショート動画プラットフォームのアルゴリズムと似ているのではないかという憶測で、ほとんどのクリエイターは視聴者からの関心を逸らさない工夫を凝らしています。

動画内では以下の質問に対して返答しています。

  1. 通常動画をアップしていたが、ショート動画を始めるとチャンネルに悪影響か?
  2. 新しく始める場合は、ショート動画がおすすめですか?
  3. ショート動画が見られたら、通常動画もリコメンドされますか?
  4. ショートの為の新しいチャンネルを作るべきですか?
  5. 成功するには特定の数の動画をアップロードしなければいけないか?

これらの質問に対して回答してくれているので、内容をまとめたものを紹介します。

同チャンネル内で長い動画と短い動画を混ぜてもいいのか?

最初の質問は、通常の長尺動画をアップロードしているチャンネルがショート動画を公開した場合、アルゴリズムがどのように反応するかというもので、チャンネルにマイナス影響を与える可能性があるのか?という内容です。

YouTubeはショート動画を投稿することによって、これまでの長い動画で確立されたチャンネルにマイナスな要素を与えることはないだろうとしています。しかし、投稿内容によっては逆効果になる可能性もあります。

具体的にYouTubeの技術者は次のように述べています。

最近私たちは長い動画のみを作成したチャンネルと、長い動画と短い動画の両方をアップロードしているチャンネルの視聴者増加を調べて分析を行いました。実際にショート動画を作成しているチャンネルは急速に成長しているようにみえました。
短尺コンテンツに対する視聴者の需要は今後も続くと予想されます。ショート動画はますます人気が高まっているフォーマットであり、モバイルファーストな作成ツールやショート動画の発見について多くのテストを行ってきた理由です。


新しく始める場合はショート動画がおすすめですか?

これまで通常動画をアップしてきたクリエイターはショート動画にどのように対応すればいいのか?これから始めるとしたらショート動画から始めるべきか?といった内容です。

これは通常動画、ショート動画、ライブ配信とすべてのフォーマットに合ったコンテンツを制作することが重要です。

例えば、ライブ配信を観る人たちはクリエイターと同じ時間を共有していることが楽しく、このような視聴者層にとっては長尺動画は最適ですが、面白い部分だけのハイライトを観たいという需要もあります。

まずは短く見やすい動画をたくさんの人達に届けることで、本編の長尺動画を見てくれる可能性もあります。

YouTube技術者はこのように答えています。

異なるフォーマット間の相互作用はYouTubeのユニークなところです。複数の形式を使いたいクリエイターにとっては嬉しいことで、制作者に異なるビデオ形式を提供するので、自分のコンテンツに合った形式を使って欲しいと考えています。オンデマンド、ショート、ライブストリーム、ポストといった様々な形式の中から制作者としてどれを使うのかを考え、試行錯誤する価値があります。


視聴者がショート動画をみたら、通常動画もリコメンドされますか?

次の質問は、YouTubeショートの視聴によるエンゲージメントが、通常動画のレコメンデーションアルゴリズムに影響を与えるか?というものです。

これは、動画の種類ごとに独自のアルゴリズムがあり、ある種類のコンテンツへのエンゲージメントが他の種類のコンテンツを促進するわけではないことがわかっています。

理由としては、人によって視聴の好みが異なるためです。ショート動画コンテンツが好きな人は、長い動画を見ることにあまり興味がないかもしれません。

YouTubeの技術者はこのように答えています。

ショートを視聴している視聴者は、長編コンテンツを視聴している視聴者と常に同じとは限りません。このため、ショートコンテンツと長編コンテンツを視聴履歴から分離しています。なので、誰かがショート動画を介して新しいチャンネルを見つけた場合、ショート動画以外でどのような長い動画が推奨されるかを通知するためには使用していません。


ショート動画用に別のチャンネルを立ち上げたほうがいいですか?

同じチャンネルで短編コンテンツと長編コンテンツを混在させることに特に問題はありませんが、多くのクリエイターはショート動画をアップロードするために別のチャンネルを立ち上げる傾向にあるそうです。

次の質問には、ショートの別のチャンネルを開始するタイミングをどのように決定するかという内容が含まれています。

YouTubeの技術者は次のように述べています。

同じまたは類似するコンテンツを楽しんでいる視聴者を中心にチャンネルをグループ化してみてください。視聴者がまったく異なる関心を持っている場合は、それらを分離してください。異なる関心を持つさまざまな視聴者が増え始めたら、別のチャンネルを作成することを検討してください。


成功する為には一定数の動画をアップロードする必要がありますか?

YouTubeショートアルゴリズムでは、チャンネルが成功するには一定数の動画をアップロードする必要があるかどうかを尋ねています。

1本目のショート動画であっても、すべてのショート動画がおすすめされるチャンスがあります。ただし、チャンネル登録による確立された視聴者がいることは、アルゴリズムにおいても有利に働きます。

YouTubeの技術者は次のように述べています。

チャンネルやチャンネル上の動画の数に関係なく、すべてのショートには成功するチャンスが与えられます。ショートのパフォーマンスは、視聴者がショート フィードの動画をスキップせずに視聴することを選択しているかどうかによって決まります。視聴者の関心は瞬間的に発生するのではなく、時間の経過とともに構築されることがよくあります。



YouTubeショート動画がバズった件について【2週間で100万再生】

【2022年最新】音楽制作に役立つ7つのYouTubeチャンネル

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-MUSIC TOPIC
-

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.