ギター関連

アコースティックギター初心者におすすめの練習方法

2021年1月19日

アコースティックギター練習

アコースティックギター初心者におすすめの練習方法

アコースティックギターを購入して、いざギターを弾き始めようとしても、最初は何から練習すればいいのか分からない方も多いかと思います。

そこで今回は、これからアコースティックギターを始める方に向けて、上達の近道となるおすすめの練習方法をご紹介します。

1. 好きな楽曲を練習する

好きな楽曲

練習を長く持続させるには練習を楽しいものにすることが大切です。

エクササイズ系のフィンガリング練習や、メトロノームを使ったリズム練習も効果的であることは間違いないですが、はじめのうちは好きな曲だけを練習して、好きな練習方法のみを行うことが良いです。

好きな楽曲を弾いていて、実際にプレイ中に改善したいポイントが見つかったら、その部分に効果的なエクササイズを調べて実践するようにすることが最も効果的です。

2. 練習を録音する

ギター録音

自分の練習を録音して聴き返すことは非常に重要です。

客観的に自分の演奏を聴くことで、普段は気付けないような自分の弱点に気付くことができます。

例えばリズムキープ、コードチェンジのスムーズさ、音程の正確さ、サウンド等を改善するのに役立つので、初心者の頃から取り入れてみましょう。

今ならスマホの録音機能でも十分綺麗に録音できますが、さらに精度を高めたい場合はDAW(作曲ソフト)を使ってオーディオインターフェイスを介してライン録音した音を聴くのが良いです。

3. クリックと一緒に練習する

メトロノーム

ギター演奏が下手に聞こえてしまう人の3つの特徴でも言いましたが、ギターが上手い人とそうでない人との差は「リズム」といっても過言ではないぐらい、演奏においてリズムキープは重要です。

早いうちからクリック(メトロノーム)と一緒に練習する癖を付けておくことで、上達のスピードに大きな差が生まれます。

クリック以外にもスマホやDAWで使用できるドラムマシーンを利用することで、より実践的な環境で練習することができ、ドラマーと一緒に練習しているような面白さが味わえます。

4. コード練習から始める

ギターコード

カッコいいギターフレーズや、メロディックなフレーズに惹かれるかもしれませんが、あなたのこれから先の長いギター人生における70~80%ぐらいはコードバッキングを弾くことになります。

なので、ギターの基礎であるコード演奏力を鍛えることが、ギターのスキル上達に最も影響するといえます。

もしギターを仕事にしたいと考えているのなら、なおさらバッキングギタリストとしての需要の方が圧倒的に多いはずです。

【ギターを仕事に】ギタリストの為の5つのキャリア

5. 立って弾けるようにする

立ってギターを弾く

自宅練習でずっと座って練習していて、いざライブで立って演奏するときに上手く弾けなかった・・・というのはよくある話です。

立ったままプレイするときはフレットボードに対する手の角度が変わったり、右手のピッキングのニュアンスも変わりやすいので、自宅とライブ現場でのギャップを生みます。

普段からずっと立ってプレイするのも中々難しいので、なるべくギャップを作らないためにも、ストラップの長さを調節してなるべく座った状態と同じような状態に合わせるようにすると良いです。

6. カポタストを用意する

カポタスト

アコースティックギターを弾くならカポタストを一つは持っておきましょう。

ギターコードを簡単にする方法を解説【上手く押さえられない方へ】の記事にもあるようにカポタストを使うことで、難しいコードがある曲でも簡単にアレンジして演奏することが可能になります。

キーの変更も簡単にできるようになるので、セッション時にも役に立ちますよ。

7. 1日1回はギターを弾く

ギターを弾く

これはギター上達する為に最も重要なことです。

ギターの演奏力は自分でも変化に気づかないくらい、徐々に上達していくものです。

「たくさん練習したのに、全然上手くならない・・・」という方の多くは短い期間にたくさんの練習を詰め込んでいる傾向にあるように思います。

ダイエットも筋トレもそうですが、短期間で大きな変化を得られないと分かっていれば、コツコツと継続して毎日の練習に取り組むことができます。

1日に30分でもいいので、毎日練習する習慣をつけることで着実に演奏力は向上していきます。

長期的にみれば30分の練習を週に5回行うことは、週に1回の3時間半よりもはるかに効果的です

まとめ

アコースティックギター初心者におすすめの練習方法についてお話しました。

  1. 好きな楽曲を練習する
  2. 練習を録音する
  3. クリックと一緒に練習する
  4. コード練習から始める
  5. 立って弾けるようにする
  6. カポタストを用意する
  7. 1日1回はギターを弾く

はじめは自分の好きな楽曲を録音しながらコード弾きの練習をするのがおすすめです。

コードブックを開いて順番にコードを弾けるように練習する人も多いですが、無駄とまでは言いませんが実際はあまり効果的とはいえません。

弾き始めこそ、ただ目的も無くコードを覚える作業よりも、自分が弾きたい曲を弾いてギターの楽しさを感じることが大切です。

以上、「アコースティックギター初心者におすすめの練習方法」でした。


エレキギター初心者の頃に必ずやっておくべき5つの練習項目

【2020年版】ギターコードが簡単なヒットソングを集めてみました(初心者向け)

人気記事

1

人気おすすめVSTプラグインソフト7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の大手プラグインサイト「Plugin Boutiq ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-ギター関連
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.