Trivision Studio

ギターやDTMを中心に音楽情報を幅広く発信中。音作りや作曲等、主にクリエイターの方に向けたブログ。

DTM関連 音楽トピック

【ADSR】エンベロープを使いこなそう

投稿日:

【ADSR】エンベロープを使いこなそう


DTMやシンセサイザー等の電気楽器を扱うときに必ず出てくるのが、「エンベロープ」とそれをコントロールする「ADSR」というパラメーターです。


今回はADSRパラメーターの効果とその使い方について解説します。

エンベロープとは?

エンベロープ


エンベロープとは

音量を時間変化させる装置

のことです。


電子楽器を扱わない方からすると全く聞きなれない言葉かもしれませんが、ピアノやギター、ドラムにもこのエンベロープの概念は当てはまります。

エンベロープを使うと音の立ち上がり継続時間鳴りやむまでの時間を調整でき、楽器の持つ特性をより強化したり、まったく違うサウンドに変化させることも可能になります。


そして、それらを調整するパラメーターのことを「ADSR」と呼びます。


ADSR

ADSR


ADSRとは各パラメーターの頭文字をとった言葉で

A=ATTACK(アタック)
D=DECAY(ディケイ)
S=SUSTIN(サスティン)
R=RELEASE(リリース)

ATTACK

音声信号が入力されてから最大音量なるまでの時間を調節するパラメーター。

DECAY

最大音量からサスティンの値に移行するまでの時間を調節するパラメーター。

SUSTIN

ディケイ後の持続音量のパラメーター。

RELEASE

音声信号を止めてから音量がゼロになるまでの時間を調節するパラメーター。


ミキシングにおいてのADSRエンベロープの重要性

ADSRエンベロープの重要性


ADSRエンベロープは、サウンドの音量とその長さを自由に変更可能になり、サウンドを長く伸ばしたい場合や、PLUCKやスネア等の瞬間的エネルギーを強調するのにも非常に有効です。


シンセサイザーのサウンドをゼロから自分で作る場合にも、正しくADSRを設定することが理想のサウンドミックスへの近道です。

また、サンプル音源やギターやピアノ等のオーディオ信号をミックス内の適切な場所へ配置するためにもADSRの設定は欠かせません。


シンセサイザーのADSR

SERUM


シンセサイザーではADSRエンベロープを使用することでより高度なサウンドメイクが可能となります。

PAD

PADエンベロープ
PAD

・ATTACK : 遅い
・DECAY : 最長
・SUSTIN : 最大
・RELEASE : 長い


KEYBOARD

KEYBOARDエンベロープ
KEYBOARD

・ATTACK : 速い
・DECAY : 長い
・SUSTIN : 小さい
・RELEASE : 短い


KICK & SNARE

KICK&SNAREエンベロープ
KICK
SNARE

・ATTACK : 速い
・DECAY : 短い
・SUSTIN : 最小
・RELEASE : 最短


BASS

BASS

・ATTACK : 速い
・DECAY : 最長
・SUSTIN : 最大
・RELEASE : 最短


PLUCK

・ATTACK : 速い
・DECAY : 短い
・SUSTIN : 最小
・RELEASE : 最短




シンセサイザーでは音量のADSRエンベロープ以外にも、人の耳には聴こえない低周波をADSRを使って操作し、「ピッチ・PAN・フィルター」等のより複雑な効果を与えることも可能です。


トランジェントシェイパー

トランジェントシェイパー


ギターやピアノ等のレコーディングされたアナログ信号にも「トランジェントシェイパー」と呼ばれるプラグインを使用すればアタックサスティンを調節することが可能です。

これはミキシングにおいて、各楽器の配置を決めるのに役立ちます。


例えば、ドラムのキックドラムにトランジェントシェイパーを使ってアタック部分をブーストすれば、よりパンチのあるキックドラムをミックスの手前に配置することができます。

また、ベースのアタックを抑えてサスティンをブーストすると、ミックスの奥に配置することができ、ボーカルや他の楽器への干渉を減らし、伴奏としての役割をより強くすることも可能になります。



このようにオーディオファイルに対してもADSRを上手く使いこなすことで空間の中により広く、自由に楽器を配置することができるようになり、ミキシングの幅が広がります。


まとめ


ADSRエンベロープで音の波形を直接変化させることで、サウンドの持つ瞬間的なパワーや持続エネルギーをより有効的に活用でき、ミキシングバランスを向上させることができます。

空間の前後を感じ取れる、より高度で複雑なミックスが可能となります。



【SERUM】シンセサイザーの基本的な使い方

【Sylenth1】シンセサイザーの基本的な使い方


-DTM関連, 音楽トピック
-, , ,

執筆者:

関連記事

ツー・ファイブを使ったリハーモナイズについて【作曲に役立つ音楽理論】

ツー・ファイブを使ったリハーモナイズについて【作曲に役立つ音楽理論】 今回は代理コードを使ったコードアレンジの続きです。 ・代理コードを使ってアレンジ【作曲に役立つ音楽理論】 今回はコードアレンジにお …

King Gnu – CEREMONY発売!全曲通して聴いてみた感想【レビュー】

King Gnu – CEREMONY発売!全曲通して聴いてみた感想【レビュー】 King Gnuが1月15日に3枚目のニューアルバム「CEREMONY」前作「Sympa」から約1年ぶりの …

【Sylenth1】壮大なPADサウンドの作り方

壮大なPADサウンドの作り方【Sylenth1】 今回はSylenth1を使った壮大なPADサウンドの作り方を解説します。Future BassやMelodic Dubstep等のエモいジャンルで使え …

ヘッドホン

自宅でのミックス作業に最適なヘッドホン 5選

自宅でのミックス作業に最適なヘッドホン 5選 最近は自宅でミックスからマスタリングまで完結することや、個人で活動しているプロデューサーやトラックメイカーも増えてきました。今回はそういった方に向けて、原 …

作曲に音楽理論は必要なのか?

作曲する時に音楽理論は必要なのかということ。 結論から言いますと。 学ばなくても作曲はできるが、学んだ方が有利。 です。学ぶことで作曲のスピードと、作曲の幅は間違いなく広がります。 音楽の偉大なる先人 …