DTM関連 ギター関連 音楽トピック

コード進行の基礎、ケーデンス(カデンツ)について【作曲に役立つ音楽理論】

2019年12月27日

コード進行の基礎、ケーデンス(カデンツ)について【作曲に役立つ音楽理論】


前回ダイアトニックコードをテーマに主要三和音までお話ししました。

作曲に役立つ音楽理論(ダイアトニックコード編)


今回は3コード進行におけるケーデンスについてお話しします。


ディグリーネーム


今回の内容に入る前に「ディグリーネーム」について軽く説明します。

前回、音程差について「度数」というものが使われていましたが、コードの音程差を表す場合にディグリーネーム表記というのが一般的です。

キーがCメジャーの場合

ディグリーネーム(Cメジャー)
C = I
Dm = Ⅱm
Em = Ⅲm
F = Ⅳ
G = Ⅴ
Am = Ⅵm
Bm-5 = Ⅶm-5


このようにローマ数字でコード表記することで、どのキーの場合でも、コードの役割を相対的に捉えやすくなるので覚えておくと便利です。

それでは本題へ移ります。


ケーデンスとは


主要三和音にはそれぞれ役割があります。

・Tonic(トニック)
安定

・Dominant(ドミナント)

不安定

・Subdominant(サブドミナント)

一時不安定


トニック(Ⅰ, Ⅵm)


トニックはキー内の主音であり、最も安定感のあるコードです。楽曲の中心にあたるコードポジションなので、ここからどのコードにも展開することができ、最終的にここに帰りたくなるコードです。

ドミナント(Ⅴ, Ⅶm-5)


ドミナントは不安感のあるコードで、トニックに進もうとします。
7thの音を加えた「Ⅴ7」で使用される場面が多いです。

サブドミナント(Ⅳ, Ⅱm)


サブドミナントはやや不安感のあるコードで、トニックとドミナントの中間的ポジションです。
トニックやドミナント、もしくはⅤ7に進もうとします。


進行パターン


カデンツの進行パターンは次の3種類に分けられます。

・トニック→ドミナント→トニック
Ⅰ→Ⅴ→Ⅰ

・トニック→サブドミナント→トニック
Ⅰ→Ⅳ→Ⅰ

・トニック→サブドミナント→ドミナント→トニック

Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ


この3パターンで、「終止形」と呼ばれたりします。

Ⅰ→Ⅴ→Ⅰ


「気をつけ!礼!」でおなじみの進行です。

Ⅴ→Ⅰが強進行なので終止感がとても強いです。


Ⅰ→Ⅳ→Ⅰ


弱めのケーデンスで、少し浮遊感を感じます。


Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ


この進行はすべてが強進行なので、非常に強いケーデンスです。

キー内に含まれるすべての音を使用することになるので、この進行があるとキーの判別が簡単です。


代理コード


ここまでダイアトニックとケーデンスについてお話してきました。

主要三和音の基本的なコードの役割と進行を覚えたら、次に「代理コード」を使用してさらにコード進行を発展させていきます。

代理コードを使ってアレンジ【作曲に役立つ音楽理論】





人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-DTM関連, ギター関連, 音楽トピック
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.