Trivision Studio

ギターやDTMを中心に音楽情報を幅広く発信中。音作りや作曲等、主にクリエイターの方に向けたブログ。

DTM関連 ギター関連 音楽トピック

コード進行の基礎、ケーデンス(カデンツ)について【作曲に役立つ音楽理論】

投稿日:2019年12月27日 更新日:

コード進行の基礎、ケーデンス(カデンツ)について【作曲に役立つ音楽理論】


前回ダイアトニックコードをテーマに主要三和音までお話ししました。

作曲に役立つ音楽理論(ダイアトニックコード編)


今回は3コード進行におけるケーデンスについてお話しします。


ディグリーネーム


今回の内容に入る前に「ディグリーネーム」について軽く説明します。

前回、音程差について「度数」というものが使われていましたが、コードの音程差を表す場合にディグリーネーム表記というのが一般的です。

キーがCメジャーの場合

ディグリーネーム(Cメジャー)
C = I
Dm = Ⅱm
Em = Ⅲm
F = Ⅳ
G = Ⅴ
Am = Ⅵm
Bm-5 = Ⅶm-5


このようにローマ数字でコード表記することで、どのキーの場合でも、コードの役割を相対的に捉えやすくなるので覚えておくと便利です。

それでは本題へ移ります。


ケーデンスとは


主要三和音にはそれぞれ役割があります。

・Tonic(トニック)
安定

・Dominant(ドミナント)

不安定

・Subdominant(サブドミナント)

一時不安定


トニック(Ⅰ, Ⅵm)


トニックはキー内の主音であり、最も安定感のあるコードです。楽曲の中心にあたるコードポジションなので、ここからどのコードにも展開することができ、最終的にここに帰りたくなるコードです。

ドミナント(Ⅴ, Ⅶm-5)


ドミナントは不安感のあるコードで、トニックに進もうとします。
7thの音を加えた「Ⅴ7」で使用される場面が多いです。

サブドミナント(Ⅳ, Ⅱm)


サブドミナントはやや不安感のあるコードで、トニックとドミナントの中間的ポジションです。
トニックやドミナント、もしくはⅤ7に進もうとします。


進行パターン


カデンツの進行パターンは次の3種類に分けられます。

・トニック→ドミナント→トニック
Ⅰ→Ⅴ→Ⅰ

・トニック→サブドミナント→トニック
Ⅰ→Ⅳ→Ⅰ

・トニック→サブドミナント→ドミナント→トニック

Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ


この3パターンで、「終止形」と呼ばれたりします。

Ⅰ→Ⅴ→Ⅰ


「気をつけ!礼!」でおなじみの進行です。

Ⅴ→Ⅰが強進行なので終止感がとても強いです。


Ⅰ→Ⅳ→Ⅰ


弱めのケーデンスで、少し浮遊感を感じます。


Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ


この進行はすべてが強進行なので、非常に強いケーデンスです。

キー内に含まれるすべての音を使用することになるので、この進行があるとキーの判別が簡単です。


代理コード


ここまでダイアトニックとケーデンスについてお話してきました。

主要三和音の基本的なコードの役割と進行を覚えたら、次に「代理コード」を使用してさらにコード進行を発展させていきます。

代理コードを使ってアレンジ【作曲に役立つ音楽理論】





-DTM関連, ギター関連, 音楽トピック
-, ,

執筆者:

関連記事

ステレオ音像を大きく広げる為のミキシングテクニック。

ステレオ音像を大きく広げる為のミキシングテクニック。 時間をかけて作った自作曲をミックスして書き出した時に、音が中央に集まっていたり、奥に引っ込んだように聴こえたりしていませんか?有料のプラグインソフ …

gutiar effecter

【厳選】ギタリストが選んだ人気歪みエフェクター 5選

ギタリストが選んだ人気歪みエフェクター 5選 ギタリストにとって最重要であろう、オーバードライブやディストーション等と呼ばれる歪みエフェクター。各メーカーからたくさんの歪みエフェクターが発売されていて …

代理コードを使ってアレンジ【作曲に役立つ音楽理論】

代理コードを使ってアレンジ【作曲に役立つ音楽理論】 前回ダイアトニックにおける主要3コードについてお話しました。 ・ダイアトニックコードとは?【作曲に役立つ音楽理論】 ・コード進行の基礎、ケーデンスに …

裏コードの使い方【作曲に役立つ音楽理論】

裏コードの使い方【作曲に役立つ音楽理論】 今回はドミナントコードの代理にあたる、「裏コード」について解説します。 裏コードとは? 裏コードはダイアトニックコードの「♭Ⅱ7」コードのことを指し、ドミナン …

ギターコードの基礎知識

ギターコードの基礎知識

ギター コードの基礎知識について。 ギターコードに関して「よくわからないから、とりあえず丸暗記してる」という方が多いと思います。筆者自身も、ギターを始めた頃はコードについてまったく理解がなく、丸暗記状 …