DTM関連 ギター関連 音楽トピック

キーの正しい決め方【作曲に役立つ音楽理論】

2019年12月28日

キー


キーの正しい決め方【作曲に役立つ音楽理論】


今回はキー(調)についてお話します。

音楽をしていると必ず出てくるのがキーという概念です。


「音を高くしたり低くしたりすることでしょ?」


では、作曲をするときにどうやって曲のキーを決めればいいのか、どうやってキーを見分ければいいのか、わかりやすくお話していきます。


キーとは?

カラオケ


みなさんの身近なところでいうと、カラオケがわかりやすいかと思います。

「サビの音程が高すぎて声が出ない・・・」

というとき、リモコンの#や♭を押して曲の高さを変えたりできる便利な機能です。

逆に今度は「サビ以外の音程が低すぎて歌いづらい・・・」ってなったりしませんか?


つまりキーとは

「楽曲のメロディーやコードの中心音と、中心音から成り立つ音の集まりを相対的に見たもの」


例えばキーが「Cメジャー」の場合

Cが中心音で、その他の構成音がCから成り立つ音の集まりと考えます。


スケール

スケール



音の集まりのことを音楽の世界では「スケール」と言ったりします。

みなさんが学校で習った


「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」


これを海外ではローマ字に変換して


「C・D・E・F・G・A・B・C」

と呼ぶのが一般的です。


そしてこの音の集まりのことを「Cメジャースケール」といいます。
(Cを中心音としたメジャースケールという音の集まり。)


相対的な音程間隔


スケールの具体的な見分け方なのですが、ここで音程の間隔というものが重要になってきます。

Cメジャースケールをピアノロールで並べると


こうなります。

ここで音と音の間隔に注目してほしいのですが


全全半全全全半

この音程間隔の並び方が「メジャースケール」となり、中心音を変えてもこの音程間隔で並べれば、すべてメジャースケールです。

Eから始めても、Gから始めても 「全全半全全全半」の並びなら
「Eメジャースケール」「Gメジャースケール」となるわけです。


これがカラオケでキーを変更して、使う音を変えてもまったく同じ楽曲に聴こえる理由で、音の並びはそのままで相対的にすべての音を上下に移動しただけだからです。

簡単なキーの見分け方

キーの見分け方


キーについての理論は大体わかってけど、じゃあ具体的にキーを見分けるにはどうすればいいの?という話なのですが


これにはダイアトニックコードにおけるトニック音やケーデンスの終止形が重要になってきます。



※ダイアトニックについての詳しくしりたい方は、こちらの記事を合わせてご覧ください。

作曲に役立つ音楽理論(ダイアトニックコード編)

作曲に役立つ音楽理論(ケーデンス編)


最近の音楽はほとんどがダイアトニックで構成されているので、コードなら終止形「Ⅴ→Ⅰ」「Ⅳ→Ⅰ」の終わった感じを探すか、曲中のもっとも安心感のあるトニック音がキーなので、耳の良い人なら曲を流しながら1~2音鳴らせば判別できるのですが、なかなか熟練の技です。


では、初心者の方でも一瞬でキーの判別ができる裏技をご紹介します。



「Aメロの始まりと、曲の一番最後のコードは高確率でその曲のキーが使われており、その両方が同じである場合99%の確率でそのコードがキーです。」



もちろん例外はありますが、POPSやロックの場合はほぼほぼこれで探せます。

曲の一番最後の「ジャーン」で終わるコードだけでも判別できます。


キーの選び方

キーの選び方


続いて作曲におけるキー選定について。


実際に曲を作っていく中で、自分の好きなフレーズから作り始めてなんとなくキーが勝手に決まっちゃってるパターンが結構多いとは思いますが、楽曲に合わせてキーをしっかり選ぶことができれば、ワンランク上の楽曲制作が可能になります。


ボーカルの音域に合わせる


これが一番ベターかなと思います。

ボーカルは生身の人間なので、当然出せる音の限界と歌いやすい音域というものが存在するので、ここに楽曲のキーを合わせる方法です。


作曲する人はボーカルの最高音と最低音を把握し、それをはみ出さないように歌メロを作っていきます。

最高音を飛び出していなくても、実際に歌ってみて最高音付近の音が続いて苦しいとか、サビの頭で気持ちよくハイトーンを使いたいといった場合にもキーの変更が必要です。

ローエンド楽器に合わせる。


最近のEDMやHip-hopのベースミュージック主体のジャンルは、歌よりも曲中の最低音を重要視する傾向があります。


ローインターバルリミットといった概念や人間の耳で判別できる低音の限界が関係しています。

コンサート会場やクラブ等の大きい音で再生する場合、Fの音「43.7Hz」が一番綺麗に鳴ると言われており、ほとんどの楽曲のキーがFだった時期もあります。
最近では音響機器の性能向上によって更に低い音が使われていたりします。


※この辺りの話をまとめた記事です。

Hiphop,Trapブームとオーディオ機器の進化



この曲中の最低音に合わせてキーを選定するというのが現在のトレンドです。


まとめ


以上、作曲に役立つ音楽理論(キー編)でした。

キーを選ぶということは、楽曲の主役を選ぶということになるので非常に大切です。


より詳しく学びたい方は、プロの音楽研究科の方が書いた音楽理論の本をオススメします。

かなり硬派な本で完全初心者の方には少し難しいかもしれませんが、コードについてより深く分析されていて、楽曲のクオリティを一段レベルアップすることが可能です。




これから作曲を始める方へ、もっと簡単な曲の作り方。

これを使えば名曲に!人気のコード進行 5選


人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-DTM関連, ギター関連, 音楽トピック
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.