DTM

【2022年最新】最高の無料VSTプラグインおすすめ7選

2021年12月29日

2022年無料VSTプラグイン

【2022年最新】最高の無料VSTプラグインおすすめ7選

2021年中も非常に多くのフリープラグインがリリースされました。

高品質のプラグインは有料であり高価であるというイメージを持つ方も多いと思いますが、今回ご紹介する無料のプラグインは、有料製品よりも品質的に劣っているというわけではありません。

テクノロジーの進歩もあり、無料製品であっても有料製品と肩をならべる品質を提供し、自分の目的とするサウンドとマッチした場合には有料、無料関係なく最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

そこで今回は2021年を振り返って、これまでにリリースされた多くのフリーVSTプラグインの中から高品質な人気製品をいくつかご紹介します。

Vital Audio Vital

Vitalは無料のシンセサイザーの中でも、間違いなく最も先進的なシンセの1つです。

モーフィング可能なサンプルサウンドをオシレーターとして使用する「スペクトルワーピング」ウェーブテーブルシンセであり、有名所のSE〇UMと似ていることから国内でも注目を集めています。

他の無料シンセとは一線を画しており、洗練されたUIと、オーディオレートモジュレーション、ステレオLFO、複数のフィルターモデル、MPEコントロールなどの高度な機能を備えています。

もちろん無料でも利用可能ですが、課金することでさらに多くのサウンドを使用することができます。

最強フリーシンセ「Vital」の使い方【DTM】


VCV Rack

VCVラックは完全なバーチャルモジュラーシンセサイザーとして機能します。

本質的にはカスタマイズ可能なモジュラーシンセのデジタル版ですが、複数のオーディオチャンネルをミックスしてエクスポートし、完全なトラックアレンジメントを作成するために使用することもできます。

独立タイプのシンセサイザーとして、VCVラックには多くの魅力が含まれており、完全にオープンソースです。モジュールの強力なコアラインナップは、無料プラグインと有料プラグインの両方のコミュニティで作成されたライブラリを使用して拡張することができます。

モジュラーシンセの実験や学習にも役立ち、実際のEurorackシステムをスペックアップしたりするユーザーのためのツールとしてもVCVは選ばれています。


Vember Audio Surge

https://youtu.be/IeEiqytXVNg

Surgeは2000年代後半に有料プラグインとしてリリースされましたが、無料のオープンソースプラグインとして再登場した後、再び注目を集めました。

Surgeはバーチャルアナログ、ウェーブテーブル、FMサウンド生成の要素を組み合わせたハイブリッドエンジンを備えたシンセサイザープラグインです。

オープンソースである利点を活かし、コミュニティ開発の恩恵を受けることができます。最近のアップデートにより、インストルメントのルックアンドフィールが大幅に更新され、エフェクトの改善、MPE互換性、ユニゾンモード、新しいフィルターモデルなどの機能が追加されました。


DiscoDSP OB-Xd

OB-Xdはシンプルな使いやすさと優れたサウンド合成が特徴的なフリーウェアシンセサイザーです。

Tom OberheimのクラシックなOB-Xポリシンセのエミュレーションとして機能し、厚みのある豊かなサウンドと使いやすいインターフェイスで愛されているアナログクラシックシンセです。

サウンド面ではアナログエミュレーションであり、ArturiaのVコレクションシンセのようなベルやホイッスルはありませんが、OB-Xdはモーフィング可能なフィルターデザインと音声バリエーションコントロールを備えたオリジナルサウンドに基づいています。

機能面や先進性では他の製品に劣りますが、バーチャルアナログの古き良きシンセサイザーサウンドを求めている方には最適です。


Digital Suburban Dexed

DexedはYAMAHAのDX7ハードウェアシンセを再現したフリープラグインです。

DX7の持つサウンドと機能性を再現するだけでなく、操作性やプロセスを改善することでより扱いやすくなっています。

多くのFMシンセと同様に、DX7はプログラミングが扱いにくいことで有名ですが、単一のUIウィンドウで完全な6オペレーターシンセエンジンにアクセスできるようにすることで、プロセスが大幅に簡素化されています。

シンセ初心者にとって直感的に扱えるシンセサイザーとはいえませんが、無料なこともあり、FMシンセサイザーを勉強したい方にとってはおすすめできます。


Newfangled Audio Pendulate

Pendulateは作成者により「カオスなモノシンセ」と表現されているほど、様々な種類のサウンドとFXを備えた飛び道具的なシンセサイザーです。

このシンセはいわゆる「ウェストコースト」モジュラーシンセからインスピレーションを得ています。これらのハードウェア機器と同様に、フィルターの代わりにウェーブフォルダーやローパスゲートなどのあまり一般的ではない合成要素を使用します。

アニメーション化されたカスタマイズ可能なUI、MPEサポート、および多くのルーティング可能なモジュレーションが備わっています。


Matt Tytel Helm

一見するとチープなフリーウェアシンセサイザーに見えますが、Helmは有料の製品に匹敵するほどの能力を秘めています。

この多機能なバーチャルアナログシンセは、マルチモードオシレーターやレゾナントフィルターなどのシンプルな要素と、フォルマントフィルター、調整可能なフィードバック、スタッターエフェクトなどのいくつかの珍しい要素を組み合わせています。

クリックアンドドラッグのモジュレーションシステムにより、パッチのセットアップがすばやく直感的になり、ステップシーケンサーも搭載されている為、音作りも簡単操作で行えます。


まとめ

2021年振り返ってみて、比較的新しい高品質な無料VSTプラグインをご紹介しました。

  • Vital Audio Vital
  • VCV Rack
  • Vember Audio Surge
  • DiscoDSP OB-Xd
  • Digital Suburban Dexed
  • Newfangled Audio Pendulate
  • Matt Tytel Helm

フリーウェアといえど、有料製品と同じようなパフォーマンスを発揮する製品も目立つようになってきました。

課金すればさらに豊富な機能やサウンドを提供してくれるものもあるので、まずはフリーで試してみて気に入ったら有料版にアップグレードするという流れもいいかもしれません。

以上、「【2022年最新】最高の無料VSTプラグインおすすめ7選」 でした。


【2021年最新】人気シンセサイザーおすすめ5選 | DTM

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-DTM
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.