DTM関連

【FL Studio】Fruity Parametric EQ 2の使い方


【FL Studio】Fruity Parametric EQ 2の使い方


EQとは制作において欠かせない存在のエフェクトで、特定の周波数帯域をカットしたりブーストしたりする装置です。

各楽器の不要な部分をカットして、棲み分けすることによってサウンドの解像度があがり、音圧を稼ぐのにもとても有利です。



今回はFL Studio標準搭載のEQ「Fruity Parametric EQ2」の使い方について解説していきます。


7バンドパラメトリックEQ


基本的には7つのトークンを使って操作していきます。



画面の右端のエリアでもトークンを細かく操作できるのですが


直接ドラッグするほうが直感的に操作できるのでおすすめです。

各種パラメーター


トークンを右クリックするとバンドタイプ、中心周波数、Q幅の設定ができます。


Type

・Disable
トークンのオン、オフの切り替え

・Low pass

高音域をカットオフするフィルター

・Band pass

山なりに両サイドをカットして狭い範囲のみ通過させるフィルター

・High pass

低音域をカットオフするフィルター

・Band stop

ノッチともいいます。周辺の周波数を谷型にカットします。

・Low shelf

低音域側をブーストします。

・Peaking

デフォルト設定。周辺の狭い範囲のみに影響します。

・High shelf

高音域側をブーストします。


Order

・Steep 8
-48 dB / Oct

・Steep 6

-36 dB / Oct

・Steep 4

-24 dB / Oct

・2

-12 dB / Oct

・Gentle 4

-24 dB / Oct

・Gentle 6

-36 dB / Oct

・Gentle 8

-48 dB / Oct


Key

選択した周波数の値に設定されます。



Orderは数字で見ると分かりにくいかもしれませんが、フィルターのカットする角度です。
数字が大きいほど急激な角度でカットオフされます。


実際の使い方のコツ


実際に使用する際は周波数を見ながら出過ぎている周波数をカットしたり、不要な低音をハイパスフィルターでごっそりカットします。

基本的にはブーストよりもカット方向で使用したほうが結果的に良いミックスになりやすいです。


あとは特定の周波数や倍音を調整したい場合に、Keyで周波数を指定してから右側のスライダーを使って上下に動かします。


こうすることでマウスでドラッグするよりもより正確に特定の周波数のカットやブーストが可能になります。

例えばロックサウンドで楽曲のキーがFだった場合、F3(174.6Hz)やF4(349.2Hz)にギターとベースの倍音やらが集まりやすいのでそこをピンポイントで削りたい場合などに役立ちます。



以上で「Fruity Parametric EQ 2」の使い方でした。

個人的にはDAW付属としてはかなり使いやすいEQで、いまだにメインのEQとして使い続けています。

周波数を視認できて直感的な操作もしやすく、有料のEQプラグインソフト並みにハイスペックEQなのでFL Studioをお持ちの方は是非使い方をマスターしましょう。


【DTM】ハイスペックEQ(イコライザー)プラグインソフト 5選

【DTM】SuperSawサウンドの作成方法


人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-DTM関連
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.