Trivision Studio

バンドマンやDTMerに役立つ音楽情報を幅広く発信中。音作りや作曲等、主にクリエイターの方に向けたブログ。

DTM関連

Hip-hop制作に必須のダークメロディーの作り方

投稿日:2020年1月19日 更新日:


Hip-hop制作に必須のダークメロディーの作り方


今回は最近のHip-hopプロダクションで頻繁に使われる、暗くてどんよりとした 「ダークメロディ」の作り方について詳しく解説していきます。


こんな感じのやつです。


アボイドノートやハーフタイム、デチューン等を使い響きを濁らせるのが特徴で

「え?こんな響きで大丈夫なの?」

と、初めは不安になりますが、図太いベースとタイトなリズムでどっしりと支えられており、音程感があまり重要ではない「ラップ」を使用していることで成り立つジャンルとも言えます。

音階について


まずはよく使われているスケールなのですが

・フリジアンスケール
C, D♭, E♭, F, G, G#, B♭

・フリジアンドミナントスケール

C, D♭, E, F, G, G#, B♭

・ロクリアンスケール
C, D♭, E♭, F, G♭, G#, B♭


この3つが頻繁に使われている印象です。


フリジアンスケールとロクリアンスケールは、教会旋法から抽出されたスケールで、ポピュラー音楽ではあまり見られません 。

第2音が特徴的でこの音を使用すると「怪しい」感じのする独特な響きを得られます。

Cフリジアンスケール



これらの音階を使用してコードに対してメロディーを打っていけば、Hip-hopやTrapで使われる暗い雰囲気のダークメロディーを作れます。



こちら無加工のコード+メロディーです。


この状態だとまだまだダークさに欠けるので、エフェクトを使ってどんどん 濁していきましょう。


エフェクト


メロディーに対してエフェクトを使用して「濁す」作業です。

有料だとこの「RC-20」が有名で海外のビートメイカーやプロデューサーもよく使用しています。

歪みやヴィンテージ感を演出するノイズ、デチューンや空間系などHip-hopプロダクションにおいて必要なエフェクトが詰まった一台です。


海外の大手プラグインソフト販売サイト「Plugin Boutique」にてたまにセールで安く販売されるので、定期的にチェックすることをオススメします。


無料のプラグインだと「iZotope Vinyl」が人気です。

ダウンロードはこちら

こちらはアナログレコードのようなヴィンテージ感を演出するエフェクトです。

ブツブツ途切れるエフェクトや埃っぽさを加えたり「WARP DEPTH」でデチューンを加えて独特の揺らぎを加えれるので、それ目的で使ったりしています。



ハーフスピードエフェクト


こちらも必須のエフェクトです。

これをかけるだけで一気に音声をスロー再生したような怪しい感じになります。

具体的な方法は別の記事で紹介しているのでそちらをご覧ください。

少し扱いが難しいエフェクトですが、使いこなすことでかなり雰囲気がでるので是非マスターしましょう。


簡易的ではありますが、今風のLo-Fi感のあるHip-hopビートに近づいたと思います。


今回紹介したダークメロディーはあまり馴染みのない音階だとは思うので、まずは耳が慣れるまでひたすら作曲し続けるのもありですね。


以上、Hip-hop制作に必須のダークメロディーの作り方でした。


808キックのミキシングテクニック【Hip-hop, Trap】

ダイアトニックコードとは?【作曲に役立つ音楽理論】

-DTM関連
-, ,

執筆者:

関連記事

808キックのミキシングテクニック【Hip-hop, Trap】

808キックのミキシングテクニックについて 現在のHip-Hop,Trapミュージック制作に欠かせないのがこの808キックと呼ばれるRoland社のTR-808。1983年に1万2千台しか製造されず、 …

代理コードを使ってアレンジ【作曲に役立つ音楽理論】

代理コードを使ってアレンジ【作曲に役立つ音楽理論】 前回ダイアトニックにおける主要3コードについてお話しました。 ・ダイアトニックコードとは?【作曲に役立つ音楽理論】 ・コード進行の基礎、ケーデンスに …

【SERUM】シンセサイザーの基本的な使い方

シンセサイザー「SERUM」の基本的な使い方について SERUMは2014年に発売され、数々のアーティスト達が使用するシンセサイザーで、音圧がありながらも、とてもクリアで近代的なサウンドです。今回はそ …

アボイドノートを避けよう【作曲に役立つ音楽理論】

アボイドノートを避けよう【作曲に役立つ音楽理論】 今回は「アボイドノート(回避音)」について解説します。作曲していると、スケールから外れていないのに響きがなんか気持ち悪い気がする・・・ボーカルに「この …

ギターコードの基礎知識 (マイナーコード編)

ギターコードの基礎知識 (マイナーコード編) こちらの記事は前回の続きです。 ・ギターコードの基礎知識 コードの発展形 今回は発展形のマイナーコードについて。早速、メジャーコードとマイナーコードの違い …