Trivision Studio

ギタリストやDTMerに役立つ音楽情報を幅広く発信中。音作りや作曲等、主にクリエイターの方に向けたブログ。

DTM関連

【FL Studio】ギター録音する方法

投稿日:2020年1月17日 更新日:


FL Studio ギター録音する方法


EDMやHip-hop等のエレクトロ系に強いイメージのFL Studioですが、最近のv20.6のアップデートでアンプシミュレーターの「Distructor」やオーディオデータの自動クォンタイズが可能な「New Time」 等が追加されアナログ録音部分がかなり強化されました。


今回はFL Studioを使ってギター録音を行う方の為に、FL Studioを使ったギター録音方法について解説します。


使用機材


PCとギター意外に必要な機材をざっと紹介します。

・ギターシールド(ケーブル)
ギターとオーディオインターフェイスを繋ぐために必要。
【コスパ重視】安くて良質なエレキギターシールド 5選

・オーディオインターフェイス
ギターのアナログ信号をPC上で扱えるデジタル信号に変換する機材。
【低価格】おすすめオーディオインターフェイス 5選

・ギターエフェクトソフトウェア
PC内でギターのサウンドメイクを行うソフト。
人気ギターエフェクトソフトウェア 5選 【2020年最新】
※外部で音作りする方は必要無いです。



オーディオセッティング


実際に録音を始める際のFL Studio内のセッティング方法です。


まずは録音の為のインプットデバイスの設定を行います。

画面左上のメニューからOPTIONSを選択後、Audio settingsを開きます。

Audio settingsをクリック


Deviceの部分にお使いのオーディオインターフェイスが表示されると思うので、そちらを選択。

使用しているオーディオインターフェイスを選択



ミキサー設定


続いてミキサーの設定に移ります。

ミキサーパネルを開きます


Insert 1に今回はギターを入力するので、Insert 1を選択後右上のAudio Input Sourceからオーディオインターフェイスのギター入力チャンネルを選択します。

Insert 1を選択後モノラルのch1を選択


この状態でギターを弾くとトラック1にギター信号が流れます。

ギター信号が流れる


これでギター録りの準備が完了しました。


レコーディング


実際にギターの音録りなのですが、FL Studioの場合次の2パターンがあります。

・プレイリストに直接レコーディング。

・プラグインソフト「Edison」を使用してレコーディング。


どちらの場合でも大きな違いはないのですが、ギターソロや難しいフレーズを弾くときに繰り返しテイクを重ねそうな場合は「Edison」を使用する方が効率的です。

伴奏や簡単なフレーズの場合は直接プレイリストにレコーディングしてしまったほうが早いです。

プレイリストにレコーディング


まずトラック1の下部の赤いレコーディングボタンを点灯させます。


FL Studio上部のレコーディングボタンを右クリックして「Audio」を選択後、左クリックして赤く点灯している状態にすればレコーディング待機状態となります。

右クリックしてAudioを選択後点灯させる


SONGに切り替えて再生ボタンを押すとプレイリストにレコーディングが開始されます。

プレイリストレコーディング



Edisonにレコーディング


続いてEdisonにレコーディングする場合の説明です。


トラック1のエフェクトスロットを選択後、エフェクト一覧の中からEdisonを選びます。

エフェクトスロット1を選択後Edisonを選択


Edisonが立ち上がったら、レコーディングボタンの横を「ON INPUT」にします。

こうすることでギター信号の入力を感知すると自動でレコーディングが開始されるので非常に便利です。

on input選択


あとはプレイリストを再生しながら楽曲に合わせてギターを弾くだけです。

レコーディング完了


右上のCopy Sampleボタンを押しながらプレイリストまでドラッグすれば、簡単に貼り付け可能です。

ドラッグ


レコーディング状態のまま納得のいくテイクが録れるまで繰り返しレコーディングして、OKテイクだけ切り取って使用するということができるのがEdisonの便利な部分です。

不要なテイクは削除するだけなので、無駄にファイルを圧迫しないのも嬉しいですね。



まとめ


以上、FL Studioのギター録音する方法でした。

FL Studioはオーディオ波形の編集にも優れているので、そのままEdison内で波形編集したり、新プラグイン「NEW TIME」を使用してリズムのクォンタイズも可能です。

ボーカルやキーボード、ベース等のオーディオ録音も基本的には今回紹介した内容と同じ方法で録音できるので参考にしてみてください。



FL Studioの使い方 (初心者向け)

【神アプデ】FL Studio v20.6 リリース


-DTM関連
-, ,

執筆者:

関連記事

無料の高品質シンセサイザーソフト 10選

無料の高品質シンセサイザーソフト 10選 Synth 1 Synth1は、Clavia Nord Lead 2 Red Synthをモデルにしたソフトウェアシンセサイザーです。2つのOSC、FM変調、 …

38年ぶり!? 日米合意でMIDI規格が2.0にバージョンアップ!

MIDI 2.0にバージョンアップについて 1983年から続く、電子楽器の演奏データを機器間で転送・共有するための共通規格であるMIDIが2020年2月22日に正式にアップデートされることが決定しまし …

【DTM】低価格帯のモニタースピーカー おすすめ 5選【2020年最新】

【DTM】低価格帯のモニタースピーカー おすすめ 5選【2020年最新】 DTM制作においてモニタースピーカーは非常に重要で、ミックスのサウンドチェックに欠かせないアイテムです。モニタースピーカーは一 …

ボーカル品質向上!プロがやっているディエッサー処理

ボーカル品質向上!プロがやっているディエッサー処理について ディエッサーエフェクトプラグインの役割は、声の「さしすせそ」音によって発生するシューというノイズを除去することです。普段の日常的な会話では気 …

FL keys

【FL Studio】FL KEYSの使い方

【FL Studio】FL KEYSの使い方 FL Studio標準搭載のピアノ音源である「FL KEYS」音源ソフトとしては結構古いタイプにはなるのですが、最近のLo-fiブームもあり再び注目の集ま …