Trivision Studio

ギターやDTMを中心に音楽情報を幅広く発信中。音作りや作曲等、主にクリエイターの方に向けたブログ内容です。

DTM関連

【DTMソフト】初心者のための人気「無料」作曲ソフト(DAW)5選!

投稿日:2019年10月29日 更新日:

【DTM】初心者のための人気無料作曲ソフト(DAW)を5つ紹介します。


「これから作曲を始めようと思っているんだけれども、いきなり有料版は・・・まずは無料版を試してみたい!」と思っている方に向けて、今回無料の人気作曲ソフト(DAW)を5つ紹介します。


無料といえどほんの数年前の有料版と変わらない性能だったりと、有料版を購入したユーザーをモヤモヤさせる程、次々と新しい製品が発売されています。


作曲ソフトごとにも特徴があり、自分はどんな音楽を作りたいか?どんな作り方をするのか?を考えてから選ぶと、制作をよりスムーズに進めることができます。

Cakewalk by BandLab

Cakewalk by Bandlab


2019年現在、Windows無料DAWで1番人気ではないでしょうか。

Sonar Platinum(¥59,800)という有料のソフトがいきなり無料になり、世間をざわつかせました。Sonarといえば米津玄師さんも使用していたことで有名です。

特徴としてはMIDI機能がわかりやすく、ピアノロールを使った打ち込みが非常にやりやすいので楽器が使えない方も安心です。無料なのに外部VSTプラグインの追加もできて(VSTプラグインとは、スマホでいうアプリのようなもので外部の色んなエフェクトや音源を追加できる機能です。)非常に便利です。

無料版でよくあるエフェクトやトラック数の制限もなく、自由に使えるというのは素晴らしいの一言です。

GarageBand

GarageBand


Macユーザーならこちら、GarageBandです。

iphoneにも入っているので使ったことある人も多いと思います。


Apple社製品ということで初心者の方にも非常に扱いやすく、インターフェイスも分かりやすいので直感的に作曲できます。

音源ソフトやエフェクトも付属しており、ループ素材と呼ばれる出来上がった音パーツを組み合わせて作れたりもできるので、音楽理論が全く分からないという方でも作曲が楽しめます。

出先で思いついたアイデアをとりあえずios版に打ち込んで、家に帰ってからMac版で仕上げる。という使い方もおすすめです。

Studio One 4 Prime

Studio One 4 Prime


Windows,Mac両方に対応したDAWです。

MIDI、オーディオレコーディングからミックスまで基本的な作曲に必要とされる機能は整っています。

こちらもトラック数が無制限となっており、トラック数を気にすることなく自由に制作できるのが強みです。
プロが制作したデモトラックが無償で提供されていて、プロのミックステクニックを勉強できるので初心者には非常に嬉しいサービスです。

REAPER

REAPER

筆者自身も初めて使ったDAWがこちらのREAPERでした。

無料版で使えるのは古めのバージョンとなってはいるのですが、日本よりも海外のDTMマニア達に人気があります。


こちらのDAWは動作が非常に軽くなっていて、PCの性能が低くても問題なく動作するので、スペックに自身のない方におすすめのDAWです。
しかしマニアが好むというだけあって、正直インターフェイスも地味でプリセット等もなく初心者の方には少し敷居が高い気もしますが、そこをクリアすれば一通りはこなせる優秀なDAWではあります。

Pro Tools|First

Pro Tools|First


業界御用達のPro Toolsのフリーバージョンです。

エンジニアやプロの業界でやっていくことを視野に入れているのならこちらのDAWをオススメします。

3GB以上の音源ループやサンプル、エフェクトや音源ソフトも充実しており、さすがPro Toolsといった印象です。しかし機能の制限が多く、使用できるトラック数が最大16トラックまで、保存できるプロジェクトも3つまでだったりと自由度は低いです。

Pro Toolsの有料版の使用を考えている人がお試しで使ってみるというのがいいと思います。


まとめ

以上無料人気作曲ソフト5選でした。どのソフトも作曲に必要な最低限の機能は備わっているので安心してください。無料なので色々ダウンロードして実際に触ってみて、ある程度慣れたら有料版に移行するという流れがベターですね。


こちらの記事で有料版DAWも紹介しています。


最後にひとつ、筆者の経験と知り合いのクリエイターの方達を見ていると、「初めに使った作曲ソフトを使い続ける」という傾向が強いように感じます。扱いや操作感に慣れてくるとなかなか違うソフトに移行できないので、最初のソフトは自分に合うものをよく調べて慎重に選ぶことをおすすめします。

-DTM関連
-,

執筆者:


  1. […] 【DTM】初心者のための人気無料作曲ソフト(DAW)5選! […]

  2. […] 【DTM】初心者のための人気無料作曲ソフト(DAW)5選! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【DTM】EDM海外プロデューサーが使っているシンセコード作成時のテクニック

海外プロが使っているコードのボイシングテクニックを紹介します。 シンセサイザーを使ってコードを作る時に、「もっと映画みたいに壮大な感じにしたい」「音圧がもっと欲しい」等の悩みが出てくると思います。今回 …

【Sylenth1】シンセサイザーの基本的な使い方

シンセサイザー「Sylenth1」の基本的な使い方について 2007年発売の「Sylenth1」は発売から12年経った今でも根強いファンが多く、ベストセラーシンセサイザーとして多くのクリエイターに使用 …

【DTM】ノリを出すハイハットの音作り【Hiphop,Trap】

ノリを出すハイハットの音作りについて。 みなさんハイハット聴いてますか?ドラマー以外はつい軽視してしまいがちなハイハットですが、最近は海外のHiphop,Trapブームのおかげでその重要性が見直されて …

【DTM】ボーカルチョップ,カットアップの作り方【FL Studio】

【DTM】ボーカルチョップ,カットアップの作り方について 個人のDTMerやトラックメイカーにとってハードルが高いのが、歌入れの際のボーカリストを見つけることだと思います。知り合いに上手いボーカリスト …

抜けるスネア

【DTM】抜けるスネアの音作り【EDM】

抜けるスネアの音作りについて。 1.サンプル選び 前回のキックの作成同様やっぱりサンプル選びは重要です。妥協せずにイメージに合う音を探しましょう。 【EDM】パンチのあるキックドラムの音作り 2.レイ …